マスクの洗い方!中性の洗剤って何?ガーゼは洗濯機で洗える?

2020/03/6(更新:2020/10/7)

 

  • マスクって、どんな洗剤でどんな風に洗うの?
  • 中性って何?
  • 手洗いじゃなくて洗濯機でもいいの?

 

そんな疑問を解決します!

 

 

***

マスクの洗い方

 

新型コロナウィルスの流行にともない、マスクを利用することが増えました。

 

普段使わないだけに、「どんな洗剤でどんな風に洗えばいいのだろう?」と迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、「ガーゼ・布マスクの洗い方」をまとめました。洗剤選びや、洗い方のポイントなど詳しく解説します!

 

 

【使い捨て(不織布)マスクについて】
不織布も洗えます!詳しくは別記事で紹介しています。

●不織布マスクの洗い方!

 

【内容】

  • どんな洗剤で洗うのか
  • 中性とは何か
  • 手洗いの仕方
  • 洗濯機で洗える?

 

サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目からどうぞ。

 

 

 

マスクを洗う「中性洗剤」って何?

TVやネットで、マスクは「中性洗剤で洗う」と言われていますが、そもそも中性洗剤って何?って思ったことありませんか?

 

中性洗剤とは

 

中性洗剤とは、酸性でもなくアルカリ性でもない。その「中間の性質を持った洗剤」のことをいいます。

 

洗浄力は弱めだけど、その分「刺激」も少ない。

 

肌や生地にやさしいので、ガーゼマスクのような「顔につけたり、デリケートな素材を洗う」のに向いているんですよ。

 

 

マスクを洗うには「どんな中性洗剤を選べばいい?」

中性洗剤といっても、どんなものを選べばいいのか分かりにくいですよね。

 

マスクは顔につけるものなので、「洗濯用(オシャレ着洗い)や食器用の洗剤」を選ぶと安心です。

 

洗濯用や食器用の中には「弱アルカリ性」もあるので、成分表を確認して使いましょう。

 


 

 

成分表の確認の仕方

 

中性洗剤かどうかを確認したいときは、商品の液性のところを見ると分かります。

 

液性のところに「中性」と書いてあれば、中性洗剤です。

 

商品に液性が書いてないときは、製品のHPなどで確認することができます。

 

 

マスクを手洗いする方法

それではさっそく、洗い方をご紹介します。

 

マスクの中でも、ガーゼは特にデリケートな素材。生地を傷めないように「手洗い」が推奨されています。

 

【手順】

  • 洗剤水で押し洗い。
  • すすぐ。
  • 形を整えて干す。

 

順番に、説明しますね。

 

洗剤水をつくる

 

●まず最初に、水(ぬるま湯)を入れた容器に、液を加え「洗剤水」を作ります。

 

【アクロンの場合】
水1リットルに対し、液「2.5ミリリットル(小さじ半分)」。

※洗剤の種類により量は変わります。

 

 

マスクを押し洗いする

 

●マスクを入れ、やさしく「押し洗い」をします。

 

(汚れが気になるときは、10分漬けおく)

 

<コロナ対策>

※ウィルスが他のマスクにつかないよう、1枚ごとに洗剤水を変えるとよい。

口紅やファンデーションの汚れには、「食器用の中性洗剤」がGOOD!液を直接つけて馴染ませると取れやすいですよ。

 

マスクをすすぐ

 

●洗剤が残らないよう、水をためて丁寧に濯ぎます。3回くらい水をかえましょう。

 

激しくすると、生地がいたむ原因に。ゴシゴシしないように、やさしく濯いで。

 

マスクを「水抜き」する

 

●タオルに挟んで「余分な水分」を抜き取ります。

 

※分厚いガーゼマスクの場合は、洗濯機で軽く脱水してもOK(1分以内)。

 

乾くまでに時間がかかると、雑菌が繁殖し臭うことも。厚手のマスクは、「水抜き」してから乾かしましょう。

 

マスクの「形」を整える

 

●干す前に、形を整えます。

 

ガーゼマスクは、そのまま干すと「よれよれ」に。手でたたいてシワを伸ばすのがポイント!

 

 

マスクを干す

 

●風通しの良い日陰で、「自然乾燥」。

 

しっかり乾いたらOKです。

 

 

ガーゼマスクを洗濯機で洗ってもいいの?

 

ガーゼマスクを手洗いするのは、ちょっと手間。洗濯機で洗えないかな?と考える方もいらっしゃることと思います。

 

それについては、
「長持ちさせたい」など、特にこだわりがなければ洗濯機でも洗うことは可能です。

 

ただ、ガーゼマスクは「洗濯機で洗うと繊維が傷みやすい」。ですので、長く使いたい場合は、手洗いの方をおすすめします。

 

 

(販売されているマスクの中には、洗濯機OKと書いてある商品もあります)

 

 

マスクを洗濯するなら「ネットに入れ弱流・短時間コース」

もしもマスクを洗濯機で洗うときは、「小さめの洗濯ネットに入れる」・「弱流・脱水1分以内の設定」で洗えばOK。

 

オシャレ着と同様に、「デリケート素材」として扱えば、生地へのダメージを減らせるでしょう。

 

 

マスクを洗う「中性タイプの洗剤」ってどんなものがある?

ところで、「中性タイプの洗剤」ってどんなものがあるの?

 

家にある洗剤を一部調べてみました。

 

中性だったものは

 

中性だったものは、左から

  • 「食器用洗剤」キュキュットのハンドマイルド。
  • 「オシャレ着用洗剤」アクロン。
  • 「洗濯洗剤」ビーズ。

 

弱アルカリ性だったものは

 

一方、弱アルカリ性もありました。

 

  • 「ハンドソープ」キレイキレイ
  • 「洗濯洗剤」アリエールetc.

 

同じ目的で使うものでも、中性だったり弱アルカリ性だったり、色々あるようです。

 

 

「弱アルカリ性」でマスクを洗ってもいい?

マスクを洗うのは中性じゃないといけないのか?弱アルカリ性で洗っていいのか?気になりますよね。

 

”ガーゼマスクの洗い方”について、いくつかの番組では「中性洗剤」という表現ではなく、「石けんや洗濯洗剤で洗う」と紹介していました。

 

マスクの洗剤「さほど気にする必要はない」かも

マスクの洗い方

 

石けんや普通の衣類洗剤の中には、「弱アルカリ性」の商品も多々あります。

 

特に液性を指定しなかったことを考えると、弱アルカリ性の洗剤で洗っても、「さほど気にする必要はない」といえるのかもしれません。

 

マスクを中性洗剤以外の「弱アルカリで洗ってもいいか?」については、個人的にはOKだと思います。

 

マスクを「やさしく洗いたい」なら中性洗剤

マスクの洗い方

 

とはいえ、基本は「中性洗剤」。

 

「マスクを少しでも長持ちさせたい・敏感肌なので優しい成分がいい」、そんな方は「中性タイプ」で洗いましょう。

 

 

マスクについた「洗剤の香り」が気になる場合は

また、オシャレ着洗いの洗剤には「香りの成分」が含まれています。

 

「におい」が気になるときは、風にさらして使用するか、「無香料の中性洗剤」を選ぶとGOOD。

 

食器用洗剤なら、洗浄後の香りがなく、手軽に使えるのでお勧めです。

 

 

まとめ

マスクの洗い方

 

ガーゼ・布マスクなどの洗い方をご紹介しました。

 

マスクを洗う時のポイントは

・押し洗いする
・水分を抜く
・形を整えて干す

 

洗い替えに数枚用意しておき、ローテーションしながら使うといいでしょう。

 

洗濯や食器洗いのときに、帰宅後の手洗い時に、そして入浴時に。ついでに洗えば負担なく続けられます。

 

清潔を保ち、いつでも気持ちよく使えると嬉しいですね。

 

 

★気になるマスク★

 

・手洗い可。
・中心にへこみ防止のワイヤー付き(取り外し可)。

 

 

★使い捨てマスク★

マスク50枚 使い捨て

 

・安すぎず、高すぎないのがイイ感じ。
・色が豊富。選べるのもいいね。

 

 

 

【関連記事】
●使い捨てマスクの洗い方!
●マスク消臭スプレーの作り方!
●ハイター消毒液の作り方!
●手の消毒液の作り方!

 

 

読んでくださり、ありがとう。お役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトは、転載(加筆含む)・複製を禁止しています。