鍋底の黒い焦げをペロンと剥がす方法!重曹を最強パワーにするのが成功の秘訣

鍋底についた焦げ、擦っても全然落ちない。
どうすればいいのかな?

 

もう、あきらめるしかないのかな。

 

そんな悩みを解決します!

 

 

***

 

ちゃんと洗っているつもりでも、鍋底は少しずつ汚れてきますよね。

 

ある日突然に黒くなるのではなく、じわりじわりとくる感じ。

 

ふと気づけば、鍋底は真っ黒になっていた・・・そんな感じではないでしょうか。

 

 

 

 

輝く鍋

 

でも大丈夫。
重曹を使うと、こんな風にピカピカになりますよ。

 

磨いても落ちない頑固な黒い焦げも、重曹ですっきり剥がすことができます。

 

 

***

 

 

この記事では、「鍋底の黒い焦げをペロンと剥がす方法!重曹を最強パワーにするのが成功の秘訣」をご紹介します。

 

どうすれば重曹を最強に出来るのか?
その落とし方は?

 

写真を使って詳しく解説します。

 

参考にしてくだされば、あなたの鍋も、きっとピカピカに

 

サクッと読みたい方は、目次から気になる項目へ飛んでくださいね。

 

※アルミの鍋にこの方法は使えません。アルミに重曹をつけると黒く変色する恐れがあります。

 

 

鍋の焦げは、最強パワーにした重曹で落とす!

こびりついた鍋の焦げは、重曹をつけて擦っただけでは落ちません。頑固な焦げを落とすには、重曹を最強パワーにする必要があります。

 

 

では、どうやって最強にするのか?

 

 

それは、簡単!重曹を沸騰させればOKです。重曹を沸騰させると、化学反応を起こしアルカリの濃度があがります

 

アルカリの濃度がある=パワーUP!

 

頑固な汚れも落とすことができます。

 

 

重曹を使って頑固な焦げを落とす方法

それではさっそく、重曹を使った頑固な焦げの取り方を解説します。

 

【用意するもの】

  • 大きな鍋(ステンレス製や土鍋)

 

※注意
アルミ製NG。中にコーティングが施されているフライパンも、剥げる恐れがあるため避けた方がいいでしょう。

 

【方法】
土鍋に重曹を入れる

 

水1L、重曹大さじ3〜10入れる。
(水・重曹の量は、焦げに合わせて調整を)

 

 

鍋に焦げ鍋を入れる

 

大鍋に焦げた鍋をセットしたら、火にかける。

 

 

鍋を煮沸する

 

30分コトコト煮沸。

 

もし底だけでなく内側も焦げている場合、焦げた鍋の中にも重曹水を入れておく。同時に綺麗にできます。

 

火を止める

 

火を止め、3時間〜半日そのままつけ置く(一晩つけて置くのもGOOD)。

 

 

すると、、、超頑固な焦げが、、、

 

 

焦げが剥がれる

 

ぺろん!
面白いくらいに剥がれ落ちます♪

 

 

スポンジ

 

あとは、スポンジで優しく磨けばOK!
鍋用の石けん付きスチールウールタワシも、傷が付きにくいのでGOOD。

 

最強の重曹は強アルカリ性。手が荒れるので、ゴム手袋を必ずつけて作業してください。

 

 

箸で焦げをこそぐ

 

スポンジじゃ取れない、溝に入り込んだ焦げには、木のお箸(菜箸・割りばし)が良い感じ。

 

 

箸で焦げをこそぐ

 

柄の部分は、爪楊枝で。
気持ち良いくらいぽろぽろ取れます^^

 

 

もしも焦げが取れなかったら?

焦げが残る場合は、「30分煮沸→つけ置き」を繰り返します

 

回数を重ねたり、つけ置く時間を長くすると、焦げも柔らかくなりますよ。

 

 

 

重曹で鍋の焦げを取る!ビフォーアフター♪

ということで、我が家の鍋は、重曹でこんなに綺麗になりました。

 

【ビフォー】
焦げた鍋

 

 

【アフター】
綺麗になった鍋

 

ぴかぴかに。

 

綺麗に取れると、気持ちがいいですね^^

 

以上、焦げの取り方でした。

まとめ

頑固な鍋の焦げには、重曹が効果的。

 

【焦げの取り方】
・焦げ鍋がつかる大鍋を用意(アルミ製はNG)。
・大鍋に水と重曹を入れる(水1L:重曹大さじ3〜10)
・焦げた鍋をいれ、火にかける。
・10分〜30分煮沸。
・火をとめ、漬け置く。

 

・優しく擦る。
・手が荒れるのでゴム手袋を着用。
・もしも焦げが取れなかったら、作業を繰り返す。

 

重曹水を沸騰させ、最強の洗剤にすることがポイント。

 

 

最後に

いかがでしたか?意外と簡単だったでしょう?♪

 

「重曹水を沸騰させて、つけ置くだけ」

 

いつでも手軽にリセットできます。

 

もしもあなたが、焦げが取れなくて鍋を買い替えようかなぁと迷っているなら、このリセット方法をお試しくださいね。

 

 

あきらめていた焦げが取れたら、心まで明るい気持ちになりますよ。

 

 

光り輝く鍋

 

古い鍋には、新品にはない輝き方があります。

 

小さなキズのひとつひとつは、ともに生きている証。

 

わたしは、この古い鍋が放つやわらかくて優しい光が、とても好きです。

 

 

 

コスモスと青空

 

 

あなたのお鍋も、すっきり綺麗になりますように^^

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

<重曹掃除:おすすめ記事>
コンロ横についた黒い塊が取れた!両親宅の頑固汚れとの戦い

 

 

スライサーの黄ばみや汚れの取り方【写真付きで詳しく解説!】

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加