エアコンの吹き出し口についた「黒カビ」の落とし方&家庭で出来る簡単な掃除方法

 

  • エアコンの吹き出し口に黒いポツポツしたものが・・・。
  • 手の届かない部分とか、どうやって拭けばいいの?
  • 家庭で出来る「簡単なお手入れ方法」を知りたい。

 

そんな悩みや疑問を解決します!

 

 

***

エアコンお掃除

 

 

吹き出し口の黒いポツポツ、見つけるとぞっとしますよね。

 

 

薄黒い汚れの正体は、実は黒カビなんです。放置していると、どんどん増え続け、そのうちエアコン全体に侵食。つけるたびに部屋中に菌をばらまいてしまいます。

 

 

アレルギーや喘息などを引き起こすと大変。早めに対処することが大切です。

 

 

***

 

 

この記事では「家庭で出来る簡単な掃除方法・吹き出し口についた黒カビの落とし方」をご紹介します。

 

洗浄剤を使ったお掃除方法ではなく、気づいたときにさっとできる「簡易掃除」です。

 

【内容】

  • エアコンのフィルターや吹き出し口の掃除方法
  • 手が届かない場所の拭き方
  • 予防の仕方

 

サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目に飛んでください。

エアコンのお掃除手順

それでは、エアコンの吹き出し口の拭き方を含めた、「全体のお手入れ方法」を解説します。

 

お掃除手順はこちらです。

 

【手順】

  1. フィルターを外して洗う
  2. 本体のホコリを除去する
  3. 吹き出し口のカビをふき取る
  4. フィルターを戻し30分の送風運転

 

 

下方で詳しく説明します。

 

 

【エアコンの掃除-@】フィルターを外して洗う

エアコンの掃除、まずひとつめは、「フィルターを外して洗う」です。

 

フィルターを外す

エアコンフィルターを外す

 

外し方は簡単。
カバーをあけ、フィルターのつまみを持ちます。下にスライドさせながら引き出します。

 

 

掃除機で吸い取る

エアコンフィルターを掃除機で吸う

 

掃除機でほこりを除去します。

そのまま水で洗ってしまうと、汚れがドロドロになって目地にこびりつく恐れあり。

 

ホコリは、洗う前に丁寧に取りましょう。

 

洗う

エアコンフィルターを水で洗う

 

ホコリを除去したら、水をかけて洗います。

 

ブラシなどでやさしく擦り落とすといいでしょう。

 

 

乾燥

エアコンフィルターを陰干しする

 

風通しのよい日陰で、しっかり乾かします。

 

(水分が残ると、カビの原因に。)

 

 

 

【エアコンの掃除-A】本体のホコリを除去する

エアコンのお掃除、二つ目は「本体のホコリを除去する」です。

 

 

換気扇

 

掃除機でホコリを吸い取ります。

 

もしも掃除機を使えない場合は、ハンディモップなどでほこりを除去しましょう。

【ホコリやカビ菌に注意】
掃除の際は、マスクや安全メガネをつけると安心です。

 

カビ菌やホコリを吸うと、咳が出たりなどアレルギーや喘息の要因に。

 

 

【エアコンの掃除-B】吹き出し口のカビをふき取る

エアコンのお掃除、三つめは「吹き出し口のカビをふき取る」です。

 

 

羽を外さずに掃除する方法

お掃除棒で内部の掃除

 

吹き出し口にあるを外さずに掃除するには、お掃除棒を使います。

 

お掃除棒があれば、羽の間を拭けるので楽に作業できます。

 

 

お掃除棒の作り方

お掃除棒の作り方はこちらです。

 

エアコン吹き出し口のお掃除道具

 

【材料】

  • ウエットティッシュ
  • ハギレ
  • 割りばし(割っていないもの)
  • 輪ゴム

 

【作り方の手順】
お掃除棒の作り方
割りばしに、ハギレを挟みます。

 

お掃除棒の作り方
くるくると巻きます。

 

お掃除棒の作り方
飛び出た部分を、折り返します。

 

お掃除棒の作り方
さらに巻きます。

 

お掃除棒の作り方
ウエットティッシュを被せます。

 

お掃除棒の作り方
輪ゴムで止めたら、できあがりです。
ウエットティッシュがない場合は、湿らせたハギレを厚めに巻いてもOK。

 

 

お掃除棒

 

すいすい・ふきふき

 

 

羽についた汚れの取り方

 

羽の汚れも拭き取ります。

 

 

羽を外してお掃除する方法

エアコンの羽を外す

 

羽をしっかり洗いたい場合は、外して洗いましょう。
外し方は、取説でご確認ください。

 

エアコンの羽を外すときに破損する恐れあり

 

エアコンが古い場合、劣化により破損の恐れがあります。その場合は無理に動かさないようにしましょう。

 

(私はポキっと折れてしまいました・汗)

 

 

エアコンの羽を外して洗う

 

外したら、ブラシ(古歯ブラシ)で汚れを取りながら洗います。

 

その後しっかり乾かせばOKです。

 

 

吹き出し口の奥のカビを拭きたいとき

見えるけど拭けない場所ってありますよね。

 

手やお掃除棒が届かないファン裏側のカビを拭きたいときは、お掃除棒ならぬ「お掃除板」を使います。

 

お掃除板の作り方

作り方は簡単。
お掃除板

 

  • やわらかいまな板を細長くカット。
  • 少し湿らせた古靴下をかぶせる。

 

見えるけど手の届かない場所の拭き方

エアコン吹き出し口のお掃除

 

靴下をはかせた板を、ファンの裏側部分の隙間にゆっくり入れ汚れを拭きます。

 

奥まで入れすぎないようにしましょう。

 

最後は、乾いた靴下で仕上げ拭きすればOK。

 

 

お掃除板

 

くにゃっと曲がるので、フィットしやすいのがいいところです。

 

(※個人の自由な掃除方法。マニュアルにそっていませんことをお知りおきください。)

 

 

【エアコンの掃除-C】フィルターを戻して30分の送風運転

最後四つ目は「フィルターを戻し30分の送風運転」です。

 

エアコンお掃除

 

外したフィルターや羽を戻し。カバーをおろします。

 

30分ほど送風運転。中をしっかり乾かしましょう。

 

 

エアコン掃除・ついでにしたいカビ予防

エアコンのお掃除をしたら、カビが生えにくくなるように予防をしておきましょう。

 

カビ予防には、消毒用エタノールまたはアルコールを使います。

 

【予防方法】
エアコンお掃除

 

吹き出し口に、液を吹き付けるだけ。
もしくは、お掃除棒や布で液を塗り付けます。

 

このひと手間が、とても大切。カビの軽減につながります。

まとめ

吹き出し口の黒いポツポツ、正体は黒カビ。
放置しておくと、どんどん広がり、部屋中にばらまくことに・・・。

 

健康被害の恐れもあるため、定期的にお掃除しましょう。

 

家庭で出来る簡易掃除の手順

【エアコンの簡易掃除の手順-4STEP】

  1. フィルターを外して洗う
  2. 本体のホコリを除去する
  3. 吹き出し口のカビをふき取る
  4. フィルターを戻し30分の送風運転

※お掃除後は、消毒用エタノールやアルコールでカビ予防。

 

【ファンやフィンにカビが付着している場合】
もしも内部にカビが付着しているときは、簡易掃除だけでなく中も洗浄することをおススメします。

 

中の洗浄は個人でもできます。ただし、故障のリスクがあるため、心配な方は業者に依頼するといいですね。
↓↓↓

 

 

最後に

花の写真

 

エアコンの簡易掃除の方法についてご紹介しました。

 

いかがでしたか。

 

エアコンのカビは、主に、冷房運転の後の結露が原因で出来てしまいます。

 

夏の終わりはカビだらけの可能性大!冬に気持ちよく使うためにも、秋のうちにしっかりカビを落としておきましょう。

 

 

吹き出し口のカビをふき取れば、気持ちもすっきりします。

 

ぜひ、お掃除してみてください^^

 

 

空の景色

 

 

あなたのエアコンも、綺麗になりますように。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

<おススメ記事>
【洗濯槽の掃除】カビや臭いを取るおススメ洗剤&塩素系や酸素系漂白剤での掃除方法

 

 

お風呂の窓枠についたカビや白い汚れを取る方法・時間をかけず簡単に済ませるコツ!

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加