【エアコン】吹き出し口についた「黒カビ」の落とし方&除菌や予防方法!

2019/10/25(更新:2020/12/10)

 

  • エアコンの吹き出し口に黒いポツポツしたものが!
  • 手の届かない部分とか、どうやって拭けばいいの?

 

このような悩みを解決します。

 

 

***

吹き出し口が真っ黒だと、「何を使って、どうやってお掃除すればいいのだろう?」と困ってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、「吹き出し口についたカビの落とし方」についてご紹介したいと思います。

 

 

 

吹き出し口は、ウエットティッシュで拭けば簡単。仕上げにアルコール消毒をすればカビの除菌ができますよ。

 

自分でお掃除したい方は、ぜひ参考になさってください。

 

エアコンの吹き出し口についた「黒カビ」の落とし方

 

吹き出し口のカビは、ただ表面にのっているだけ。一見取れにくそうですが、拭けば簡単に落とせます。

 

ここでは、2パターン紹介しますね。

 

  1. 羽のすき間から拭く方法
  2. 羽を外して拭く方法

 

<掃除の前に電源OFF>
電源を切って作業してください(コンセントを抜く又はブレーカーを落とす)。

 

 

@吹き出し口のカビ「隙間から拭く方法」

お掃除棒で吹き出し口を拭く

 

まず一つ目は、「お掃除棒」を使って拭く方法です。

 

お掃除棒は、羽のすき間に通るので「羽を外さずにお掃除したいとき」に便利です。

 

お掃除棒の作り方

【手順】
お掃除棒の作り方

 

ウエットティッシュを割りばしの間に挟み、くるくる巻くだけなので簡単。

 

汚れたら、「新しいウエットティッシュ」に交換します。

 

ポイ捨てできるので、片付けが楽なのがいいですよ。

 

弾力が欲しいときは、湿らせたハギレでもOK。

 

Aお掃除棒を使わず「羽を外して拭く方法」

「吹き出し口や羽までもカビだらけ!」

 

そんな時は、お掃除棒でちまちま拭くのは大変。羽を外した方が手っ取り早いです。

 

羽の外し方

 

外し方は、機種により違うので取説をご確認ください。我が家のエアコンは、フック(?)を数か所とれば外れました。

 

 

古い機種は「破損しやすい」ので注意

作り方

 

ただし、エアコンが古い場合は、劣化により破損しやすいです。

 

私は、折ってしまいました(汗)。少し折れただけなので、そのまま使っていますけどね。

 

10年以上経過しているような古い機種だと、「交換したくても部品が無い」ことも。取り扱いには、注意してください。

 

古いエアコンは壊れやすい。無理に動かさない方がいいかも。

 

 

羽の洗い方

 

外した羽は、ブラシなどでこすり洗います。

 

 

吹き出し口の拭き方

 

吹き出し口は、ウエットティッシュやハギレで拭けばOKです。

 

 

見た目は綺麗でも「水拭きだけじゃ不十分」

 

ウエットティッシュで拭けば、表面のカビはほぼ落とせると思います。

 

けれど、気をつけないといけないのは「水拭きだけじゃ不十分」ということ。

 

見た目は綺麗でも、カビ菌は全然残ってるし、湿り気で繁殖する恐れもあるんです。

 

なので、水拭きした後は、「除菌・殺菌をすること」。そして、水分が残らないよう「乾かすこと」が大切です。

 

方法は、下方で解説します。

 

 

エアコンの吹き出し口「カビを除菌・殺菌する方法」

「消毒用エタノール」で除菌する

 

除菌・殺菌には、消毒用エタノール(アルコール消毒液)を使います。

 

濡れていると除菌効果が薄れる。乾いたクロスなどで拭いてから、散布してください。

 

●消毒用エタノールって薄めるの?IPって何?

 

散布の仕方

 

布に液を含ませ、拭いて塗り付ける。

 

もしくは、吹き出し口にスプレーしてもOK(吸い込まないよう気を付けてね)。

 

定期的に散布するとGOOD。カビが生えにくくなります。

 

 

無水エタノールで除菌するときは

 

「無水エタノールやエタノール」も除菌に使えます。ただし、原液のままでは殺菌効果がないので、希釈してから使ってください。

 

●無水エタノールでアルコール除菌スプレーを作る方法

 

 

消毒用エタノールの代わりになるもの

もし消毒用エタノールがない場合は、ハイター(水で薄めたもの)でも代用可。

 

ただし、ハイターは金属を腐食させるので注意。吹き出し口の周りを拭く程度がよさそう。

 

●ハイター消毒液の作り方!容器や保存・注意点について

 

<注意>
ハイターは、スプレー容器での使用はNGです。吸い込むと危険。

 

 

送風・暖房で乾燥させる

 

あと、羽を洗ったり、ファン(吹き出し口から見える黒い筒)に水分がついた場合は、しっかり乾かしておきます。

 

20〜30分くらい「送風や暖房」をつければOKです。

 

<冷房後も送風運転>
冷房を切った後は結露ができやすい。結露はカビの原因になるので、冷房後は「送風運転」しよう。

 

 

「吹き出し口の奥にカビが!」拭きたい時の秘策

 

ところで、吹き出し口をのぞきこむと、さらに奥の方の「壁側の汚れ」が気になってしまいますよね。

 

 

 

そこで使えるのが、お掃除棒ならぬ「お掃除板」。

 

手や棒が届かないファンの裏側「奥の方のカビ」を、微力ではありますが、拭くことができるんですよ。

 


【作り方】

  • やわらかいまな板(100均)を細長くカット。
  • 湿らせた古靴下をかぶせる。

 

拭き方

 

靴下をはかせた板を、ファンの裏側部分の隙間にゆっくり挿入。上下左右に動かし、汚れを落とす感じ。

 

スキマワイパーも活用できます。

 

 

※注意
ファンに圧力をかけると破損の恐れあり。慎重に作業してください。

 

 

エアコンがカビだらけなら分解掃除する

 

お掃除していると、ファン(黒い筒)の汚れも、気になりますよね。

 

ブラシなどで表面上は綺麗にできても、内部のカビまでは難しい。リセットしたい時は、分解掃除をお勧めします。

 

分解掃除について

分解掃除は、カバーを外して「洗剤で洗い流す」方法。

 

<二択>

  • 業者に頼む。
  • 自分でする。

 

業者に頼むのが一般的だけど、中には「自分で洗浄したい」と考える方もいらっしゃるでしょう。私もそうでした。

 

でもまずはプロに頼むことをお勧めします!

 

その理由は、技術を目で見て学べるからです。

 

 

自分で分解洗浄した結果

 

我が家では、過去に3台ほど自分たちで洗浄しました。

 

 

機械好きの主人はとことん分解!興味津々で楽しそう。その反面、私は心配でヒヤヒヤ。

 

途中、エアコンを覆うカバーがはがれて汚水流出(汗)したり、アタフタしたことも。

 

お金が浮くのはいいのですが、初めてなだけに不安でした。

 

<メリット>

  • 節約できる。
  • 好きな時にできる。

 

<デメリット>

  • 労力がいる。
  • 事故や故障への不安。

 

 

プロに頼んでみた結果

 

ちなみに、この夏(2020年)、おそうじ本舗さんに頼んでみました。

 

たったの2時間弱で、カバーの裏側まで綺麗に。

 

養生の仕方を観察したり、質問したり。講義のように活用して、かなり勉強になりました。

 

<メリット>

  • 安心して任せられる。
  • 楽できる。
  • 技術を学べる。

 

<デメリット>

  • お金がかかる。

 

 

実際に頼んでみた感想や様子はこちら

●エアコンの洗浄を「おそうじ本舗」に頼んでみた!感想と作業内容を紹介

 

 

プロに頼んで「安心と学びを買う」

 

そんなわけで、不安なときだけでなく、自分でしたい方も、まずはプロに頼むことをお勧めします。

 

安心と学びを買う。

 

そう考えれば、高くても「価値ある出費」ではないでしょうか。

 

 

***

 

 

 

ちなみに、私が依頼したのはこちらです。
興味があれば参考になさってください。

<お掃除本舗>


エアコンクリーニングなら【おそうじ本舗】

 

 

 

まとめ

●エアコンの吹き出し口の汚れは、ウエットティッシュで拭くと簡単に落とせる。

 

●仕上げに「消毒用エタノール」でアルコール除菌することが大事。

 

●羽やファンに水がついたときなどは、送風や暖房をつけて乾かすようにしよう。

 

●カビがひどい時は、分解掃除も視野に。

 

 

最後に

 

長文になりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

エアコンを掃除すると、空気がきれいに感じて、うれしいですね♪

 

 

気になる汚れを一掃して、気持ちの良い日々をお過ごしください。

 

あなたのエアコンも、すっきり綺麗になりますように^^

 

 

 

<関連記事>
●エアコン「おそうじ本舗」に頼んでみた!
●【エアコン】フィルターの掃除方法

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトは、転載(加筆含む)・複製を禁止しています。