洗濯槽のおすすめ洗剤2選!茶色いカビ汚れや臭いがごっそり取れる!

2019/5/24(更新:2020/11/12)

 

  • 洗濯物に、茶色いカスがついたり何だか臭ったりしている。
  • 洗濯槽の掃除には、どんな洗剤を使えばいいのだろう?

 

 

そんな悩みを解決します。

 

***

 

茶色いカスや臭いは、洗濯槽がカビだらけのサインです。そんなときは、汚れを溶かしたり剥がしたりできる「パワーのある洗剤」を使うといいですよ。

 

この記事では、洗濯槽の汚れを取る「おすすめ洗剤」をご紹介したいと思います。

 

 

【内容】

  • 2種類のおススメ洗剤
  • どちらか悩むときは

 

 

洗濯槽の茶色いカスを取る!おススメ洗剤

洗濯槽の汚れを取る洗剤は、「塩素系」と「酸素系」の2種類あります。

 

  1. 溶かすタイプの「塩素系」の洗剤。
  2. 剥がすタイプの「酸素系」の洗剤。

 

それぞれ作用が違うので、好みで使い分けるといいです。

 

詳しい特徴はこちら。

 

@溶かすタイプの塩素系の洗剤

 

まずひとつめは、塩素系のクリーナーです。

 

塩素系は、汚れを分解し、黒カビを溶かす作用があります。

 

値段は約2000円程度。少し高めですが、汚れを溶かしてくれるので手間がかかりません。

 

少々高くついてもいい。とにかく楽したい!そんな方にお勧めの洗剤です。

 

おすすめポイント
  • ほっとくだけなので楽。
  • 汚れを溶かすから、面倒なピロピロ(茶色いカス)取りが発生しない。
  • 汚いのが苦手な人にGOOD。
  • とにかくラクに済ませたい人に向いている。

 

私も年1ペースで常用中。

 

本当にほったらかしなので、忙しい時やしんどい時にかなり助かっています。

 

 

使った時の様子

 

洗剤液で漬けおくだけでOK。本当に汚れが溶けたの?とついつい疑ってしまうほど簡単です。

 

<掃除方法はこちら>
洗濯槽を「塩素系の洗剤」で楽に掃除する方法!ピロピロ取りをしなくていい!

 

 

塩素系の洗剤について
日立洗たく槽クリーナー


日立 HITACHI SK-1 洗濯槽クリーナー SK1

  • 参考価格:1600〜2100円くらい(送料含めて)
  • 容量:1500ml
  • 縦型洗濯機用での使用に、適した分量。

 

パナソニックの洗濯槽クリーナー


パナソニック 洗濯機用洗濯槽クリーナー

  • 価格:1800〜2300円くらい(送料含めて)
  • 容量:1500ml
  • 縦型洗濯機用での使用に、適した分量。

※パッケージが新しくなりました。
※パナソニックも日立も、全メーカーに対応。日立の方が若干安いみたい。

 

ドラム専用のクリーナー

ちなみにパナソニックには、ドラム式専用もあります。

 


洗濯漕クリーナー ドラム式 (1回分)パナソニック

  • 価格:1400〜2100円くらい(送料含めて)
  • 容量:750ml
  • ドラム式に適した分量

 

洗濯槽の洗剤は、電気屋の洗濯機コーナーでも買えますよ。

 

 

A剥がすタイプの酸素系の洗剤

 

ふたつめにおススメなのは、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)です。

 

酸素系漂白剤は、酸素の泡で汚れを剥がしとり、漂白作用で殺菌します。

 

 

お湯を用意したり、汚れをすくい取ったりなど手間がかかるけど、洗剤が安いので節約に。

 

 

手間はかかってもいい、とにかく安く済ませたい!汚れを取って達成感を得たい!そんな方におススメです。

 

おすすめポイント
  • 茶色いカスがごっそりとれる!
  • 汚れを目で確認できるので、達成感がある。
  • 安く済む。

 

 

使った時の様子

 

初めて挑戦する場合、その光景(茶色いカス)に、ゾッとするかもしれません。私もそうでした。

 

でもその分、”綺麗にしたという達成感”が半端ない。

 

網ですくったりなど後始末が必要になりますが、節約できるのが良いところです。

 

(洗濯槽が綺麗なら、カスは出ません)

 

 

<掃除方法>
洗濯槽を「酸素系漂白剤」で掃除する方法!茶色い汚れを剥がすコツ!

 

 

酸素系の洗剤について

ネットで買うならこちら。

 

「ニチガの酸素系漂白剤」


ニチガ・酸素系漂白剤 950g 【送料無料】

 

ニチガの商品は、送料がかからないので安く買えます。

 

 

近くの店に、直接買いに行くならこちら。

 

酸素系漂白剤(シャボン玉)


シャボン玉酸素系漂白剤(750g)

 

酸素系漂白剤は、スーパーやドラッグストアなどにあり。手軽に買えます。

 

値段は、500円くらいです。

 

 

シャボン玉の洗たく槽クリーナー


洗たく槽クリーナー(500g)【シャボン玉石けん】

 

シャボン玉には専用クリーナーもあります。

 

 

ニワキューの過炭酸ナトリウム


丹羽久 過炭酸ナトリウム(1000g)

 

過炭酸ナトリウムという商品も、酸素系漂白剤です。

 

※酸素系漂白剤の成分は、過炭酸ナトリウムです。「過炭酸ナトリウム」という名前で売られていることもありますよ。

 

 

洗濯槽のおススメ洗剤どちらか悩むときは

ところで、初めてお掃除する場合、そのタイプの洗剤がいいか悩んでしまいますよね。

 

そんな時は、「自分がどうしたいか」目的を考えると決めやすいです。

 

目的は何?

  • ラクしたい?
  • 安く済ませたい?

 

あなたの目的はどちらですか?

 

お金はかかっても楽したいなら、溶かすタイプの「塩素系洗剤」を。

 

手間はかかっても安く済ませたいなら、剥がすタイプの「酸素系洗剤」を選ぶといいでしょう。

 

 

迷うなら剥がすタイプ

 

もし迷う場合は、後者の剥がすタイプを先に試すといいかも。

 

私は汚れをすくい取ったことで、「こんなに汚れていたのか!」と衝撃をうけ、予防掃除の大切さに気づかされました。

 

 

汚れを知ることで、意識が変わる。いい経験になるかなと思います。

 

 

***

 

尚、掃除方法については、別記事で詳しく解説しています。

 

掃除方法をみて洗剤を決めたい方、掃除方法を知りたい方は、それぞれ参考になさってください。

 

●塩素系のクリーナーで掃除する方法
●酸素系漂白剤で掃除する方法

まとめ

茶色いカスや臭いがあるときは、パワーのある洗剤でリセット掃除をしよう。

 

洗剤は、大きく分けて2タイプある。

 

溶かすタイプの塩素系洗剤。
剥がすタイプの酸素系漂白剤。

 

どちらの洗剤を使うか悩む時は、目的を明確にすると、決めやすい。

【ラクしたいなら】
汚れをごっそり溶かす”塩素系の洗濯槽クリーナー”がおススメ。

 

【安くすませたいなら】
汚れをごっそり剥がす”酸素系漂白剤”がおススメ。

 

 

最後に

 

洗濯槽の「おすすめ洗剤」をご紹介しました。

 

どちらもパワーがあります。「茶色いカスや臭い」などリセットしたいときは、ぜひ使ってみてくださいね。

 

 

 

あなたの洗濯機も、すっきり綺麗になりますように^^

 

 

 

【おススメ記事】
●洗濯槽を塩素系で楽に掃除!
●洗濯槽を「酸素系漂白剤」で掃除!
【洗濯槽】2回続けて掃除してみた

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトは、転載(加筆含む)・複製を禁止しています。