【洗濯槽の掃除】カビを取る2つのおススメ洗剤&詳しい掃除方法

洗濯槽

 

洗濯槽の大掃除っていつされていますか?

 

もし、年末に1回だけなら、その貴重な1回、別の月にすることをおススメします!

 

 

*

 

 

大掃除の一環として、年末にされている方が多いかと思います。

 

年末掃除は、日本の伝統的な風習。心まで浄化され、とても気持ちが良いですよね。

 

 

 

 

しかし、年末が“洗濯槽を掃除する一番ベストな時期か?”といえば、そうとも限りません。

 

 

洗濯槽が汚れる原因、考えてみてください。

 

 

カビ、、、ですよね!?

 

 

カビは、いつ多く発生しますか?

 

 

梅雨から夏にかけて、爆発的に増殖しませんか?

 

 

つまり、洗濯槽の掃除が、カビの除去を目的とするならば、増殖する5〜7月ぐらいにカビ菌を退治しておいた方がいいと言えます。

 

 

洗濯槽の掃除・ベストシーズンは、年末よりも5〜7月!

 

年に数回お掃除をするのではなく、年末に1回だけ掃除をしている方は、5〜7月にポイントを絞ることをおススメします

 

 

貴重な1回!無駄なくカビを落としましょう。

 

----

 

ということで、今回は、洗濯槽の掃除について詳しくご紹介します。

 

おススメの洗剤や、掃除の手順など、参考になさってください。

 

【内容】
・おススメの洗剤
・リセット掃除の方法
・予防掃除の方法

 

サクッと読みたい方は、目次からどうぞ。

 

”汚れの正体”

洗濯槽の掃除
まず最初に、汚れの正体からお話しします。
洗濯物につく、茶色いカスや黒い点。これら汚れの正体は、実はカビなんです!

 

 

いっけん綺麗にみえる洗濯槽も、裏側はカビの温床になっている可能性大です。

 

 

洗濯物に汚れがつくようになったら、カビらだけの状態。危険信号のサイン!カビはアレルギーなど病気の原因にもなるので、汚れがある方は、時季を問わずに今すぐお掃除をしましょう。

 

 

安い専用クリーナーでは効果ない?

スーパーやドラッグストアにある、安い洗濯槽クリーナー。「汚れが落ちなかった」と、がっくりした経験は一度や二度、あるのではないでしょうか。

 

200円ほどなので買いやすいですが、その分、洗浄力も控えめ

 

 

普段のお手入れならこれでいいけれど、カビをしっかり除去したい場合は、もっとパワーのある洗剤を使うといいですよ。

 

 

洗濯槽の汚れがごっそり落ちた洗剤はこれ!

それでは、私がおススメする洗剤をご紹介します。使ってみて、汚れがごっそり落ちた!と感じたのは、この2つです。

 

ひとつ目はこれ

【@パナソニック・洗濯槽クリーナー】
塩素系の”洗濯槽クリーナー”です。汚れを分解し、黒カビを溶かす効果があります。

 

洗濯槽の洗剤
パナソニック 洗濯槽クリーナー 縦型洗濯機用 1500ml N-W1 Panasonic純正 塩素系洗浄液

 

・容量:1500ML
・価格:2000円程度
・電気屋、洗濯機コーナーに売っています。

 

※縦型洗濯機用での使用に、適した分量。
※全メーカーの洗濯機に使用可。
※日立の「洗たく槽クリーナーSK-1」も同じ成分。

 

【おススメな理由】
洗剤を入れたらあとはほっとくだけ♪溶かしてしまうから、ゴミがでず、面倒なピロピロ取りが発生しません!

 

とにかくラクに済ませたい人に向いています。
私も常用しています^^

 

 

2つ目はこれ

【A酸素系漂白剤】
酸素系漂白剤は、酸素の泡で汚れを剥がしとり、漂白作用で殺菌する効果があります。人や環境にやさしいナチュラルな洗剤です。

 

洗濯槽の洗剤

 

容量:750g
価格:500円くらい
スーパーや薬局で買えます。

 

 

品名は違うけど、これも酸素系漂白剤です。

洗濯槽の洗剤
●過炭酸ナトリウム
(酸素系漂白剤)

 

容量:500g
価格:300円くらい

 

洗濯槽の掃除
裏面に掃除方法の記載あり。

 

【おススメな理由】
ゴミがごっそり取れます!そのため、”綺麗にしたという達成感”と、”今後気をつけよう”という気持ちが生まれます。

 

・多少の手間がかかってもOK
とことん安くすませて、家計の負担を減らしたい
そんな人に向いています。

 

 

  • @塩素系の洗濯槽クリーナー
  • A酸素系漂白剤

 

どちらの洗剤がいいか悩む方は、ご自分がどうしたいかを考えるといいですよ!

 

 

ラクしたいか?
安く済ませたいか?

 

あなたはどっちですか?

 

 

タイプ別、掃除方法はこちら↓
(ラクする掃除をみる★)
(安く済ませる掃除をみる★)

 

どっちも読みたい方は、そのまますすんでね↓

 

塩素系”洗濯槽クリーナー”での掃除

汚れを溶かすパナソニック”洗濯槽クリーナー”
ラクする掃除はこちら。

洗濯槽の掃除

 

槽洗浄コースを選びスイッチON。
(ゴミポケットはつけたままで)

【槽洗浄コースがない場合】
・満水にする
・洗い15分
・3〜11時間つけおく
・排水せずに通常の洗濯コース1サイクル

 

槽洗浄の方法は、機種により違います。取り扱い説明書でご確認ください。

 

洗濯槽の掃除

 

 

水がたまったら、洗浄クリーナーを投入。

手袋つけてね。

 

 

洗濯槽の掃除
付属の貼り紙をセット。あとは放っておくだけ♪

 

途中、のぞいてみると、、、

洗濯槽の掃除
にごった色に。

 

洗濯槽の掃除
ちなみに、回数を重ねると、クリアな色に。
あまりに綺麗すぎて、本当に汚れが落ちたのか?と毎年思います(笑)。

 

洗濯槽の掃除
そして、11時間後。
中を見ると、ポケットは、真っ白♪

 

洗濯槽の掃除
落としきれなかった汚れは、古歯ブラシでごしごし。

 

洗濯槽の掃除
リセット掃除、完了です。

 

ね?ラクちんだったでしょ?♪

 

 

節約♪”酸素系漂白剤”での掃除

安く済ませる”酸素系漂白剤”のお掃除手順はこちら。

 

洗濯槽の掃除
洗濯機に、お風呂の残り湯と

 

洗濯槽の掃除
沸かしたお湯をざばーっと。

 

洗濯槽の掃除
50度に調整。

低すぎても、高すぎてもダメ。洗剤の力を発揮できません。50度にするのが、ごっそり落とすポイント。

洗濯槽の掃除
酸素系漂白剤を500g〜750g投入。
(10リットルに100gが目安)

 

(入れた瞬間、しゅわわ〜っと音が)

 

洗濯槽の掃除
手動で、3分撹拌後、3〜11時間つけ置き。

 

(まわした10秒後には、もうピロピロが!)

 

洗濯槽の掃除
(翌日、泥水状態に!こんなんで洗濯していたのかと思うと、ぞっとします)

 

漬け置き終了後、15分撹拌。
途中フタをあけ、ピロピロすくい。

 

(網は100均♪)

 

洗濯槽の掃除
ピロピロは、なるべく排水口に流さずに、紙袋などに捨てるのがおススメ。ごっそり流したら、つまる可能性もあるからね。

 

(新聞紙を入れておけば、水分を吸収するのでGOOD)

 

ちなみに、ピロピロは、意外と網にはりつかない。ポンとすると、楽に落とせました。

 

洗濯槽の掃除
排水し、すすぎを。
ピロピロがでてきたら、再びすくう。

 

洗濯槽の掃除
脱水して、お掃除終了です。

 

私は、お掃除後もピロピロが出るか気になったので、、、
さらに通常の洗濯コースを2サイクル
そして、念のため数日間は、ネットに入れて洗濯しました。

 

 

そして探究心から、さらに2回目に挑戦しました!

2回目に挑戦!またごっそり取れるのか?
掃除の直後、ピロピロは出ず綺麗な状態でした。しかし本当に汚れが落ちたのかと気になり、2回目を試してみることに!

 

果たして2回目、再びカビ汚れは浮いてきたのか??
その結果はこちらに書いています。
合わせて読んでみてくださいね♪
【洗濯槽】2回続けて掃除した結果!カビ汚れは再び出てくるのか?

 

 

 

掃除したらピロピロ増えた?

汚れがひどい場合は、リセットしても、ピロピロが出続けます。前よりひどくなった!って感じる方もいるかもしれません。

 

それはきっと、完全に剥がれなかったカビが、少しずつ落ちているから。「寝た子を起こす」そんな状態になっているのです。

 

1週間続くときは、もう1回リセット掃除をしましょう!
汚れがひどい場合は、1回で落とすのは難しいです。綺麗になるまで、繰り返し挑戦してみてください。

 

おわりはくるから、大丈夫ですよ^^

 

 

**

 

 

さて、リセットしてひと安心♪

 

・・・もつかの間、3か月たつと、カビはまた発生します!

 

そう、掃除はエンドレスなのです。
そのため、1〜3か月に1回のペースで、カビの予防掃除をすることをおススメします。

 

 

ここから下は、予防掃除に使う洗剤や、掃除方法についてご紹介します。

 

 

予防掃除に使う洗剤は?

予防掃除に使うおススメの洗剤はこちら。

 

  • 重曹
  • 安い洗濯槽クリーナー

これらの洗剤は、”汚れをごっそり落とす”というより、”汚れがつきにくくなるよう予防する”ときに向いています。

 

私が日頃使っているのは、重曹です。自然に優しいため、安心して使えるのが良いところかな。

 

手でざぶざぶ洗えるしね^^

 

(※酢は”洗濯槽をいためる”との声もあり。お知りおきくださいね。)

 

 

予防掃除の方法

洗濯槽の予防掃除の仕方は簡単です。

洗濯槽の掃除

  1. 槽洗浄コースを選ぶ。
  2. 水がたまったら、洗剤を入れる。
  3. ※重曹や酢の場合:1〜2カップ。

     

    あとは、終わるのを待つだけ。

毎月掃除をしていると、ピロピロは、でませんよ^^

 

 

ついで掃除のすすめ

予防掃除をする時には、”ついで掃除”をしましょう♪

洗濯槽の掃除
ゴミポケットの漂白。

 

洗濯槽の掃除
ブラシでこする。

 

洗濯槽の掃除
古靴下やハギレで拭き掃除。

 

洗濯槽の掃除
細かい場所は綿棒で。

 

、、、とこんな感じです。
これで、洗濯槽の掃除は、ばっちりですね!!!

まとめ

洗濯槽の大掃除は5〜7月がベストシーズン。

 

【ラクしたい人】
汚れを溶かす”洗濯槽クリーナー”がおススメ。

 

【安くすませたい人】
汚れを剥がす”酸素系漂白剤”がおススメ。

 

 

 

 

汚れが気になっているあなた!
ぜひ、リセット掃除に挑戦してみてくださいね。

 

 

あなたの洗濯槽も、綺麗になりますように^^

 

 

 

------------
長い記事になりました。
最後まで読んでくださって、ありがとう^^
------------

 

 

 

【おススメ記事】
【洗濯槽】2回続けて掃除した結果!カビ汚れは再び出てくるのか?

 

風呂釜の汚れ・酸素系漂白剤で取る方法&おススメ掃除頻度♪

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加