ご来訪ありがとうございます。
当サイトは、転載(加筆含む)・複製を禁止しています。

マスク消臭スプレーの作り方!アロマの香りで気分をリフレッシュしよう!

2020/04/07(更新:2020/05/13)

 

新型コロナウィルスの影響で、「マスク着用」が当たり前になってきました。

 

ずっとつけていると、マスクのにおいが気になったり、ふたたびつけるときに、ちょっと不快に感じてしまいますよね。

 

 

 

そこでこの記事では、「消臭スプレー」や「香りつきマスク」の作り方をご紹介したいと思います。

 

ウィルスの除菌効果はないけれど、精油を使った消臭剤は、つけるたびに良い香り。

 

気持ちまでリフレッシュできるので、「イライラや不安の解消・気分転換」したい時におススメですよ。

 

【内容】

  • 消臭スプレーの作り方・使い方
  • 香りつきマスクの作り方
  • 注意点

 

サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目を選んでください。

 

マスク消臭スプレー「材料」

消臭スプレー、材料はこちらです。

 

マスク消臭スプレー「材料」

 

    【50ml作る場合】

  • 精油...5滴
  • 無水エタノール...5ml
  • 精製水...45ml
  • スプレー容器

 

精油について

ラベンダーの精油

 

100%天然の「エッセンシャルオイル」を使用します。

 

 


生活の木 ラベンダー10ml

 

当記事で使うのは、私の好きな香り「ラベンダー」の精油。

 

消臭作用やストレスをやわらげる効果あり。生活の木の商品です。

 

また、生活の木のサイトでは、マスク用に3種のブレンドを紹介しています。

 

  • ユーカリ・ラディアータ1滴
  • ティートゥリー1滴
  • ベルガモット・フロクマリンフリー(FCF)3滴

 

 


生活の木 アロマオイル 選べるミニ3本 セット

 

3つのブレンドを試すなら「ミニ3本セット」が、お手頃でおすすめです。

 

妊婦の方は控えた方がいい精油もあるようです。調べてみてくださいね。

 

 

無水エタノールと精製水について

 

「無水エタノールと精製水」は、ドラッグストアや薬局などで購入できます。

 

しかしながら両方とも品薄が続いていますよね。

 

精製水については、水(水道水やミネラルウォーター)で代用できます。もし水を使う場合は、劣化が早まるため早めに使い切ってください。

 

また、無水エタノールがない場合は、精油だけを使った「香りつきマスク」をお勧めします。

 

作り方は記事後半で紹介しています。

 

 

容器について

 

容器は遮光タイプが推奨されています。

 

私は専用容器を持っていないので、100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」を使用しています。

 

カバー付きがないときは、濃い色の「マステを貼る」といいかも。遮光&ガラスの飛散対策になりそう。

 

 

マスク消臭スプレー(50ml)-「作り方」

それではさっそく、消臭スプレーを作っていきましょう!

 

方法は簡単!

 

入れる→まぜる→うつす。

 

3工程です♪

 

@無水エタノールを入れる

 

まずは、ガラス容器に「無水エタノール」を小さじ1杯(5ml)入れます。

 

50ml入るスプレー容器なら、ボトルに直接入れて作ってもOK!

 

 

A精油を入れる

 

精油を5滴入れて混ぜます。

 

 

B精製水を入れる

 

さらに精製水を大さじ3杯(45ml)入れます。

 

 

C混ぜる

 

混ぜ合わせます。

 

フタをしてふるとよく混ざります。

 

 

Dスプレー容器にうつす

 

スプレー容器にうつします。

 

 

 

完成!

 

 

マスク消臭スプレーの使い方

マスクにスプレー

 

よく振ってから「外側」にスプレー。

 

 

 

20秒ほどふったら、装着OKです。

 

精油の抗菌作用で、「マスクのにおい」はすっきりリセット!

 

いい香りに、「気持ちもリフレッシュ」できますね♪

 

よく振るのがポイント!液を混ぜ合わせることでいい香りに。

 

 

消臭スプレー・マスク以外の使い方

また、このスプレーは、「香りスプレー」として他の用途にも使えます。

 

おすすめの使い方、4つはこちらです。

 

香りスプレー@「安眠対策に」

 

就寝時に空中にスプレーしたり、枕もとにふきかけたり。

 

心地よい香りに心身がリラックス。安眠効果を期待できます。

 

 

香りスプレーA「不安や緊張をやわらげる」

 

手のひらやハンカチにふきかける。

 

香りをかぐたびに、不安や緊張がやわらぎ、穏やかな気持ちになれます。

 

 

香りスプレーB「トイレの消臭・芳香に」

 

トイレの使用前後にひとふき。

 

消臭・芳香しながら、ほっと一息つけます。

 

 

無水エタノールがないときは「香りつきマスクを作ろう」

アロマスプレー作りたいけど、無水エタノールがない!

 

そんなときは、精油を使って「香り付きマスクにする方法」もあります。

 

香り付きマスクの作り方

 

  1. コットンに精油を1滴おとす。
  2. 袋(BOX)に、マスクと精油をおとしたコットンを入れる。
  3. 数時間おく。
  4. マスクは空気にさらし「香りを薄めてから」装着する。

 

 

袋に入れるときは、マスクの内側にコットンがつかないように。

 

香りがきついと、においに酔うことも。袋からだしたら十分空気にさらし「香りを薄めてから」装着しましょう。

 

私は、1時間ほど香りを抜いています。

 

「香りつきハンカチ」もGOOD。
また、精油をおとしたコットンを、「枕元」においたり、クローゼットや引き出しに入れて「服に香りをつける」のもおススメです。

 

 

 

ちなみに、マスクに直接つけるのはNG。

 

香りが強すぎるだけでなく、唇などにつくとヒリヒリ痛みがでてしまいます。マスクにつけずに、脱脂綿などにつけて、香りをうつすようにしてくださいね。

 

 

マスクスプレー・保管や使用期限について

冷暗所で保管し2週間を目安に

 

マスクの消臭スプレーは、香りが薄れやすく、手作りなので「防腐剤」も入っていません。

 

高温多湿・直射日光を避け、冷暗所で保管。2週間を目安に使用しましょう。

 

(※精製水ではなく、水で代用した場合は、もう少し早めに使い切りましょう。)

 

 

残りの液は冷蔵庫で保管

 

香水スプレーなど、小さなボトルの場合、液が残ってしまいますよね。私は、残りの液は「冷蔵庫に入れて保管」しています。

 

冷蔵庫ならいつでも涼しい。温度を気にせず管理できるのでおすすめです。

 

※冷蔵庫で保存しても、2週間を目安に使いましょう。

 

 

マスク消臭スプレー「注意点」

主な注意点はこちらです。

 

【主な注意事項】

  • 火気付近での使用、保管はしない。
  • 肌に異常を感じたり気分が悪くなったら使用を中止。
  • 顔や目のまわりにはスプレーしない。
  • ペットがいる空間での使用は控える。
  • 3歳未満には使用しない。
  • 白い布や服はシミになる恐れあり。
  • 2週間を目安にして早目に使用する。
  • 高温多湿、直射日光のあたらない冷暗所で保管。

 

※妊婦の方は、控えた方がいい精油があるみたいです。調べてみてくださいね。

 

「精油や無水エタノール」は刺激の強い液です。

 

注意すべき点は他にもありますので、「商品の取説」をよくお目通しの上、ご使用になってください。

 

※スプレーの作り方と注意点は、「生活の木の動画サイト」を参考にしました。

「生活の木・動画サイト:マスクスプレーの作り方

最後に

 

精油は心の安定剤に。

 

マスクの消臭だけでなく、ストレスや不安の緩和も期待できます。

 

心を落ち着かせたいとき、気分をリフレッシュしたいときに、ぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

香りの中で、深呼吸。

 

あなたの気持ちが、少しでもやわらぎますように。

 

 

 

【関連記事】
●マスクの洗い方!何の洗剤で洗う?
●マスクの消毒!ハイター除菌!
●手の消毒液の作り方!無水エタノール
●ハイター消毒液の作り方!

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加