ウタマロ石けんで洗うと靴下やシャツの襟が真っ白に!効果や使い方を解説!

 

子供の泥んこ靴下、漬け置きしたり漂白したり、毎日だと大変だなぁ。

 

もっと楽に落とせる洗剤、あったらいいな。

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

 

汚れた靴下いっぱい

 

 

靴下についた泥は、普通に洗濯してもなかなか落ちませんよね。

 

もみ洗い後、漂白剤に漬け置きしたり、なんやかんやで1時間。これが毎日続くとなると、結構な労力になってしまいます。

 

ウタマロ石けん

 

そこでおススメなのが、ウタマロ石けんです。

 

ウタマロ石けんは、こびり付いた汚れを落とし、白さを戻す力を持っています。

 

ちょっともみ洗いするだけでいいので、その分手間が減り、家事はぐんと楽に。自信をもっておススメできる洗剤です。

 

この記事では、そんな”すごいウタマロ石けん”について、詳しくご紹介します。

 

【書いている内容】
・ウタマロ石けんとは?
・使い方
・ビフォーアフター

 

サクッと読みたい方は、目次から気になる項目に飛んでくださいね。

 

ウタマロ石けんとは

ウタマロ石けん

 

ウタマロ石けんは、「頑固な汚れ専用」の部分洗い用の洗剤として生まれました。

 

通常の洗濯では落ちにくい汚れを、洗濯前のひと手間で楽に落とすことができます。

 

素材から製法まで選び抜いて作られた、優秀な石けんです。

 

 

落とすことの出来る汚れ

落とすことのできる汚れは、全部で20パターン以上あります。

 

【泥汚れ】
ユニフォーム、運動靴、靴下

 

【黒ずみ汚れ】
上履き、スニーカー、足袋、軍手/白衣

 

【食べこぼし】
しょうゆ、ソースなど

 

【インク汚れ】
水性、油性、ボールペン、絵の具、油絵の具など

 

【皮脂汚れ】
シャツの襟・袖など

 

【化粧品汚れ】
ファンデーション、口紅、マスカラなど

 

ちなみに、除菌消臭効果もあるため、ニオイの気になるクロスを洗うのに、最適です。

 

そして、このウタマロ石けん、驚くべきは頑固な汚れを落とすだけでなく、白さも戻します。

 

 

白さが戻る理由

白さが戻る理由は、ウタマロ石けんに蛍光増白剤が配合されているから。

 

 

白い衣類には、白く見せるために蛍光剤が塗り込まれています。蛍光剤は、洗濯の度に落ちてしまうので、衣類の白さは次第に失われていくことに。

 

そこでウタマロの出番!
ウタマロ石けんで洗うと、蛍光剤が塗り込まれ、白さが復活する!という訳です。

 

 

 

蛍光増白剤って身体に悪くないの?

 

 

 

聞きなれず、ちょっと不安になる方もいらっしゃるでしょう。

 

ウタマロの公式ページには、このように書かれてあります。

 

ウタマロに配合されている蛍光増白剤は、安全性を確認されているものを使用しています

 

ですので、安心して使えますよ。

 

白さをアピールしている洗濯洗剤は、たいてい蛍光剤を使っています。ビーズにも含まれていました。

 

 

緑色には理由がある

ウタマロ

 

石けんといえば、白が多いですが、ウタマロは緑色。

 

これには、こんな理由があります。

 

【緑色の理由】
汚れをしっかり落とすため。

 

どういうことかというと、頑固な汚れは、石けんを十分に馴染ませないと落ちませんよね。石けんが十分についたかどうか目で見て分かるように、目立つ色にしているそうなんです。

 

そしてしっかり落とすには、緑が消えるまでしっかりもむことが大事。緑色の石けんをぬり、色が消えるまでもむ。これが汚れを落とすコツになるようです。

 

 

使用上の注意

ウタマロ石けんには、白さを戻す作用があるといいました。そのため色柄物に使うと、色を落としてしまう可能性があります。

 

色柄物に使う時には気をつけましょう。

 

 

また洗濯の際に、ウタマロ石けんのついた物と、色柄物を重ねたまま放置しないようにしましょう。

 

同様に色を落としてしまう恐れがあります。

 

 

【色柄物を洗いたい場合】
色柄物についた頑固な汚れを取りたい場合は、ウタマロのリキッドタイプがおススメです。

 

こちらは、無けい光の部分洗い用液体洗剤。色落ちを気にせず、安心して使えます。

 

 

 

 

 

それではさっそく、ウタマロ石けんの使い方を、シーン別に解説します!

 

※手荒れが気になる方は、ゴム手袋をつけて作業してくださいね。

 

靴下の泥汚れを取る!

靴下の汚れは、このように落とします。

【洗い方】
靴下にウタマロをぬる
靴下を濡らし、汚れ部分に、ウタマロ石けんをよく塗り込みます。

 

靴下をもみ洗い
しっかりもみ洗いします。
(歯ブラシでブラッシングも効果あり)

 

 

靴下を洗濯機へ
そのまま洗濯機へ入れ、いつものように洗えばOK。

 

<汚れてから日数が経っている場合>
靴下のつけおき
古い汚れは、ちょっともんだくらいでは落ちません。

 

その場合は、もみ洗い後に浸かる程度の水かぬるま湯に漬け置きしましょう。汚れがゆるみ、落ちやすくなります。

 

 

【靴下のビフォーアフター】
泥んこ靴下

キレイになった靴下
その日についた汚れなら、真っ白にできます♪

 

 

襟ぐりの黄ばみ・汗じみ・黒ずみを取る!

白いシャツの襟ぐりや黄ばみ・汗じみ・黒ずみの落とし方です。

【洗い方】
シャツにウタマロを塗り込む
シャツの汚れ部分を濡らし、ウタマロ石けんを、塗り込みます。

 

しっかりもみ洗いしたら、洗濯機へIN。いつものように洗濯をすればOK。

 

<汚れがひどい場合>
ウタマロで洗う前に、ひと手間加えます。

 

・シャツの襟ぐりを濡らし、食器用の中性洗剤をぬりつけ、歯ブラシで優しくブラッシング。

 

・40度くらいの湯に酸素系漂白剤を溶かし、襟部分をつけ30分放置。仕上げに、ウタマロ石けんでもみ洗いをします。

 

 

【シャツの襟・ビフォーアフター】
汚れたシャツの襟

真っ白になったシャツの襟
すっきりに!

 

 

袖口の汚れも、同様に落とせます。

 

 

白い帽子の黄ばみ・汗じみ・黒ずみを取る!

白い帽子の黄ばみ・汗じみ・黒ずみの落とし方です。

【洗い方】
帽子にウタマロを塗り込む
帽子を濡らし、ウタマロ石けんを塗り込み、しっかりもみ洗い。

 

帽子を漬け置き
汚れが取れていたら、そのまますすぎ洗いを。取れていなければ、洗濯機にIN。

 

※汚れがひどい場合は、靴下やシャツ同様、漬け置きするといいですよ。

 

【白い帽子のビフォーアフター】
汚れた帽子

帽子アフター

 

 

同様の方法で、上履きや運動靴、体操服、ユニフォームなど、白くすることが可能です。

 

水彩絵の具や油絵具も、落とすことができます。

 

 

ウタマロ石けんでの洗い方は、基本的に同じ。

 

「もんで洗濯機に入れるだけ」

 

簡単なので覚えやすいですね。

 

 

 

ウタマロの3つのメリット

ウタマロ石けんを使って感じた、3つのメリット&私の好きな理由はこちらです。

【3つのメリット】

  1. 時間短縮できる
  2. 手軽に買える
  3. やさしくいい香り

 

【@時間短縮できる】
もみ洗いするだけで、頑固な汚れを落とせます。毎日の手間がなくなり、家事の短縮になりました。

 

【A手軽に買える】
口コミから広がり、メジャーになったウタマロ石けん。スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、どこにでも売っています。ついでに買える手軽さがいいです。

 

【Bやさしくいい香り】
頑固な汚れを落とす洗剤って、強力なだけに素手で触れませんよね。しかしウタマロ石けんは、「手肌に優しく」作られていて、触ることができます。

 

適度にやわらかく生地を傷めにくいのも、良いところ。

 

ハーブ系の香料が配合されており、さわやかなハーブ系の香りがします。使っていて心地よさを感じるのも好きな理由です。

 

 

ついでに掃除

ウタマロ石けんで靴下を洗う

 

洗濯とは関係ないのですが、私は靴下を洗ったついでに、洗面台の小掃除をしています。

 

ついで掃除をすれば、洗面台はいつもピカピカ。後で掃除をしなくていいので、手間が省けます。

 

【小掃除の方法】
靴下で洗面ボウルを磨く
靴下を手もみ洗いした後、ついでに洗面ボウルをさっとひと拭きするだけ。

 

※洗面台がかなり汚れている場合は、靴下ではなく、スポンジで磨いてくださいね。

 

日々の習慣にすれば、いつもキレイを保てます。

 

洗濯や掃除に、ウタマロ石けんは本当におススメです。

まとめ

ウタマロ石けんは、頑固な汚れ落としに最適の洗剤。

 

泥、黒ずみ、黄ばみ、皮脂汚れ、インク、食べこぼし、化粧品など様々な汚れに効果あり。

 

【使い方】

  1. 汚れた部分を水でぬらす。
  2. ウタマロ石けんを塗る。
  3. しっかりともみ洗いし、、、
  4. 洗濯機へ入れていつものように洗濯。

※汚れがひどい場合は、もみ洗いの後に水かぬるま湯に漬け置きする。

 

楽に落とせ、手軽に買えるのがいいところ。

 

 

最後に

青空に浮かぶ真っ白い雲

 

いかがでしたか。

 

子供の上履きや靴下、体操服の汚れ落としに、ウタマロ石けんは大活躍します。汚れに悩んでいる方がいらしたら、ぜひ使ってみてくださいね。

 

毎日の洗濯が、少しでも楽になりますように。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

<おススメ記事>
肌着の黄ばみがスッキリ取れた!落とし方と汗じみを防ぐ3つの対策

 

服についた油絵の具をスッキリ取る方法!家にある洗剤で落とすことができる!

 

カッパの洗い方を詳しく解説!洗うと撥水効果が回復するって本当?

 

 

 

 

使い心地、もっと知りたい方は、商品レビューを読んでみてね。

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加