【洗濯槽】2回続けて掃除した結果!カビ汚れは再び出てくるのか?

洗濯槽、掃除した後にピロピロをみつけると、ちょっと不安になりませんか?

 

掃除したけど、本当に綺麗になったのかなぁ???
って。

 

洗濯槽

 

疑問を解決したく、再び掃除をすることにしました。

 

 

【調査したいこと】
・カビは1回で全部落ちきったのか?

 

・2回目の掃除で、またごっそりカビがでるか・でないか?
(希望:でないで欲しい)

 

洗剤の力を信じたい!
そう願いながら、実験に挑戦しました。

 

この記事では、2回目の掃除についての”実験レポートと結果”をご紹介します。

 

 

我が家の洗濯機について

まずは、実験対象となる、洗濯機についての情報です。

 

【掃除の状況】
・1年半前にカビを溶かして除去
・3か月に1回、小掃除(重曹・酢)
・ここ半年間さぼっていた

【ピロピロの状況】
・1週間前にリセット掃除(酸素系漂白剤で、カビをごっそり除去)
しかし、掃除直後、ピロピロが出現。

・数回、空洗濯をしたのち、目に見えるピロピロはでなくなった。

 

現状としては、ピロピロはでなくなりました。

 

しかし、洗濯槽の内部は見えない!確認のため、実験をおこないます。

 

レポート&結果は下記の通りです。

 

 

2回目のお掃除レポート

使う洗剤は、1回目と同様に”酸素系漂白剤”を使いました。
洗濯槽

 

 

この”酸素系漂白剤”で、カビをごっそり落とすには、コツがいります!

 

成功のポイントは、”温度”です。

温度の目安:40度〜50度

 

40度以下でも、50度以上でもダメ範囲内にするのが成功のコツ。

洗剤の種類により、温度は異なります。説明書をご確認くださいね。

 

 

お湯の準備の仕方と掃除の流れ

洗濯槽
お湯の準備は、シンプルです。
入浴直後のお風呂のお湯に、鍋で沸かしたお湯を足すだけ。

 

洗濯槽
家にある鍋に、片っ端からお湯を沸かして。

 

お湯はすぐ冷めてしまうから、お風呂のお湯をくむ前に準備。

 

洗濯槽
鍋のお湯が沸いたら、お風呂のお湯を洗濯機に。

 

洗濯槽
ある程度ためたら、鍋のお湯を。

 

洗濯槽
そして40度〜50度に調整。

 

洗濯槽
ささっと洗剤を投入。
(10リットルに100gが目安))
※わが家の洗濯機は、縦型です。

 

すぐ温度が下がるので、てきぱき動いて。

 

洗濯槽
3分撹拌。

 

そのまま、一晩放置しました。

 

 

**

 

 

翌朝のぞいてみると、、、

 

洗濯槽
下の方に、ピロピロがちょろりん。

 

洗濯槽
再び撹拌。
18分。

 

すると、、、

 

 

洗濯槽
こんな感じになりました。
1回目のように、ピロピロごっそり!ではありません。

 

これ以上のピロピロ、最後まで、でてきませんでした。

 

洗濯槽
わずかながらのピロピロすくい。

 

洗濯槽
その後、排水して、通常の洗濯コースを1サイクル。

 

(すすぎの途中、ピロピロチェック)

 

2回目のお掃除、終了しました。

結果発表

実験の結果、2回目の掃除で、
ピロピロはほとんど出ませんでした!

 

つまり、
1回目の掃除で、”剥がせるカビ”は、ほぼ剥がしきっていた」ということ。

 

掃除の直後、ちょっとでもピロピロがでると「綺麗になったの?」って不安になりますが、まぁ、大丈夫!安心していいみたいです^^

 

 

しかしながら、状況によっては、1回で落とせない、2回した方がいい場合もあるかと思います。

2回目が必要な場合

・汚れがひどい(何年も掃除してない)
・1回目の掃除、失敗した
など

 

 

そんな時は、2回目もピロピロがでる可能性大。

 

掃除の後にも関わらず、ピロピロが出続けるときは、リトライすることをおススメします。

 

2回(3回?)繰り返すと、きっと綺麗になる!がんばってくださいね。

 

成功のコツは温度!忘れずに^^

 

 

菜の花

 

ということで、洗濯槽のお掃除実験レポートでした。

 

あなたの悩みも解決した??この記事がお役にたつと嬉しいです。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとう。

 

 

おすすめ記事
【洗濯機の掃除】洗剤投入口についた固まりとカビを落とす方法!

 

【洗濯槽の掃除】カビを取る2つのおススメ洗剤&詳しい掃除方法

 

超頑固なカビが落ちた!長年の悩みを解決した“すごい洗剤”

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加