ご来訪ありがとうございます。
当サイトは、転載(加筆含む)・複製を禁止しています。

【お風呂の掃除】床や浴槽まわりの汚れを落とす方法!重曹で湯垢もスッキリ♪

  • 浴槽のまわりやイスについた「茶色いザラザラ汚れ」を取りたい。
  • 床全体の「黒ずみ」を一掃したい。
  • 何の洗剤でどんな風にお掃除すればいいの?

 

そんな悩みを解決します!

 

 

***

掃除前の汚れた浴槽まわり

 

お風呂には茶色くザラザラした汚れや黒ずみがつきやすいですよね。

 

汚れの正体は「湯垢」。湯垢は、石けんカスや皮脂が蓄積してできたものです。

 

こびりつくと擦っても取れにくい厄介な汚れ。

 

「仕方なくあきらめてしまった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

生クリームのような重曹クリーム

 

 

そんなときは、重曹がおススメ!
重曹は、湯垢に効き目のある洗剤。床や浴槽まわりについた汚れをすっきり落とせます。

 

しかも優しい成分なので、入浴中にお掃除をすることだってできるんです♪

 

湯船であたたまりながら「お風呂の大掃除」。服が濡れるのを気にしなくていいし、生クリームのようで愉しくお掃除できます。

 

 

***

 

 

この記事では、「床や浴槽まわりの汚れを重曹ですっきり落とす方法!」についてご紹介します。

 

年末の大掃除に、ぜひお役立てくださいね。

 

【内容】

  • 掃除道具
  • 重曹クリームの作り方
  • 汚れの落とし方

 

サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目に飛んでください。

 

 

【お風呂の掃除】使う道具や洗剤について

まずは、お風呂の掃除道具から紹介します。

 

お風呂掃除の道具

【掃除道具】

  • 重曹
  • ボディーソープなどの中性洗剤
  • 手袋
  • スポンジやブラシ

 

重曹はやさしい成分ですが、長い時間ふれると手荒れの原因に。気になる方は手袋をつけて作業しましょう。

 

 

【お風呂の掃除】浴槽まわりや床の汚れを「重曹」で落す方法

それではさっそく「浴槽まわりや床の汚れを、重曹で落とす方法」について解説します。手順はこちらです。

【お風呂掃除の手順】

  1. 重曹クリームを作る
  2. 重曹クリームをぬって汚れをゆるめる
  3. スポンジなどで擦る
  4. 洗い流して水気を切る

 

下方、詳しく説明します。

 

重曹クリームを作る

クリームの作り方はとっても簡単。
重曹クリームを作る材料

【材料】

  • 重曹1カップ
  • 水50〜100cc
  • ボディソープ(もしくは食器用中性洗剤)2プッシュ

ボディソープや食器用中性洗剤を入れると、ポロポロ落ちず塗りやすくなります♪

 

重曹1カップを計測

 

ちなみに、重曹1カップは約250gです。

 

洗面器など小物も色々綺麗にしたいときは、少し多めに(1.5カップ)くらい作るといいかも。

 

重曹に水を入れる
【作り方】
重曹に、ボディソープと水を加えます。

 

水の量は、好きなやわらかさになるよう調整。混ぜながら少しずつ加えるのがコツ。

 

 

重曹クリームを混ぜる

 

【クリームのようにするには】
大き目のスプーンで、空気を含ませながら混ぜると「ホイップクリーム」のような柔らかい仕上がりに。

 

 

重曹クリーム

 

ふわふわクリーム。お掃除も愉しくなりますね^^

 

浴槽まわりに水(湯)をかける

浴槽まわりを水でぬらす

 

重曹クリームをぬるまえに、浴槽まわりや床に水(湯)をかけて湿らせます。

 

 

浴槽まわりや床に重曹クリームを塗る

浴槽まわりに重曹クリームをぬる

 

作った重曹クリームを、浴槽まわりや床下に貼付。

 

石けんカスや皮脂などの湯垢汚れは、「下付近」につきやすい。下方をピンポイントでお掃除します。

 

 

浴槽まわりに重曹クリームをぬる

 

浴槽の側面・くるくるぬって

 

クリームを塗る

 

扉の下の方

 

シャワーのホースにクリームを塗る

 

シャワーのホースや鏡

 

汚れたイスにクリームをぬる

 

お風呂のイスや洗面器など。

 

 

重曹クリームを床にぬる

 

最後は、クリームを水で薄めて、床に塗り広げる感じ。

 

 

重曹を振りかける

 

クリームが足りなくなったら、粉を直接振りかけてもOKです。

 

 

そのまま10〜30分放置・汚れをゆるめる

重曹クリームを浴槽や床にぬって放置

 

クリームをぬったら、10〜30分ほど放置。「重曹」を浸透させます。

 

 

重曹クリームをぬって放置

 

浸透したかどうかは、スポンジで擦ると分かります。

 

軽くこすって湯垢が取れないときは、汚れがゆるんでいない証拠。たっぷりクリームをぬり、時間を延長しましょう。

 

 

スポンジやブラシで汚れをこすり落とす

重曹クリームをぬった浴槽をスポンジでこする

 

汚れがゆるんだら、スポンジでこすりおとします。

 

ごしごしすると傷がついてしまうので、やさしく磨いて。

 

お風呂の扉をブラシでこする

 

扉の細かい箇所には、先のとがったブラシがGOOD。

 

 

お風呂の床の隙間をブラシでこする

 

床下の隙間は、柄のついたブラシが扱いやすい。

 

 

お風呂の床の目地をブラシでこする

 

タイルの溝汚れは、山切りカットのブラシが良い感じ。小さな力で綺麗に落とせます。

 

 

重曹をお湯で洗い流す

重曹を洗い流す

 

汚れをこすったら、重曹を洗い流します。

 

※長時間おくとダマになることがあります(ボディソープの成分が固まるようです)。そのときは、お湯で溶かしながら流せばOK。

 

 

水気をきる

スクイージーで水気をきる

 

最後は水気をきって、お掃除終了です!

 

 

【お風呂の掃除】ビフォーアフター

ビフォーアフターはこうなりました。

 

お風呂全体の写真

汚れたお風呂
床や浴槽まわりの汚れが

 

綺麗になったお風呂
ペロンとはがれて、すっきりに♪

 

浴槽の側面

湯垢が取れ綺麗になった浴槽まわり
ざらざらしていた浴槽の側面もピカピカに。

 

お風呂の扉

綺麗になったお風呂の扉
お風呂の扉付近もつるんと。

 

お風呂のイス

汚れたお風呂のイス
湯垢がびっちりついていたイスも

 

イスの湯垢が取れてキレに

 

白くリセット。

 

お風呂の床

 

綺麗になったお風呂の床

 

お風呂の床も、ワントーン明るくなったみたい♪
触りたくなるほど綺麗になりました。

 

 

お風呂の白いざらざら汚れが取れないときは

扉の水垢

 

重曹で掃除をしても、取れない「白い汚れ」があります。

 

白い汚れは、水道に含まれる成分が固まってできた「水垢」です。水垢は酢で落すことができます。

 

 

 

 

蛇口や鏡につきやすいので、汚れが取れないときはお試しください。

まとめ

お風呂

 

お風呂の湯垢は、重曹クリームで落とせる!

 

【重曹クリームの作り方】

  • 重曹クリームは、水とボディソープなど中性洗剤を少し加える。
  • 水を少しずつ入れ柔らかさを調整。

 

※クリームを上手に作るこつは、大き目のスプーンで空気を含ませるように混ぜること。

 

ホイップのようなクリームなら、お掃除も愉しい♪

 

【掃除方法】

  • 重曹クリームを汚れた個所にぬって放置。
  • スポンジやブラシでこすればつるんと綺麗に。

 

重曹は入浴中でもお掃除できる。足元に気を付けながら作業しよう。

 

 

最後に

浴槽まわりや床の掃除方法をご紹介しました。いかがでしたか。

 

お風呂の汚れを落とすと、とっても気持ちがいいですね^^

 

 

綺麗になったお風呂の床

 

 

綺麗になったお風呂で「ゆっくり・のんびりバスタイム」。心身の疲れも取れそうです♪

 

気になる汚れがあるときは、ぜひ重曹でお掃除してみてくださいね。

 

 

菜の花

 

 

あなたのお風呂も、つるんと綺麗になりますように^^

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

<関連記事>
お風呂の扉についた「白い水垢汚れ」の取り方!酢で簡単リセット掃除の方法!

 

 

お風呂の天井についた黒カビの取り方・掃除が楽になるカビの予防法!

 

 

お風呂の窓枠についたカビや白い汚れを取る方法・時間をかけず簡単に済ませるコツ!

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加