お風呂の扉についた「白い水垢汚れ」の取り方!酢で簡単リセット掃除の方法!

お風呂の扉についた「白い汚れ」が擦っても取れない。
どうやって落せばいいのだろう?

 

 

そんな悩みを解決します!

 

 

***

汚れたお風呂の扉

 

お風呂の扉には「白い汚れ」がつきやすいですよね。

 

中でも、水道水の成分が固まってできた「水垢」は、石のように固くなり擦ってもびくともしません。

 

浴槽用の中性洗剤や重曹はもちろん、クエン酸水メラミンスポンジでも取れず、断念した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

***

 

 

そこで今回は、こびりついた白い水垢汚れを「酢」で落とす方法をご紹介します。

 

酢は水垢に効果のある万能洗剤です!すっきり綺麗にできますよ♪

 

【内容】

  • 使う道具
  • 酢で取る方法

 

サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目に飛んでください。

 

お風呂の扉についた「白い水垢」を取る道具

水垢汚れ落としに使う道具はこちらです。

 

お掃除に使う穀物酢

 

【道具】

  • キッチンペーパー
  • スポンジやブラシ

※乾燥対策にラップやスプレーボトルがあるとGOOD。

 

ここでは、比較的安価な「穀物酢」を使います。

 

<酢を使う際の注意事項>
塩素系の洗剤と混ぜると塩素ガスが発生して危険です。別日にお掃除するなど混ぜないように気を付けましょう。

 

お風呂の扉についた「白い水垢」をとる手順

手順は簡単です。

 

水垢汚れを取る手順

  1. 「酢シップ」する。
  2. 汚れをやわらかくする。
  3. 擦り落とす。

3STEP!

 

酢湿布の前にすること

扉には、水垢だけでなく湯垢(石けんカスや皮脂汚れ)がついています。酢シップを効率的にするために、先に湯垢を取っておきましょう。

 

お風呂の扉

 

湯垢は、重曹クリームで取るのがおススメ。クリームを塗ったあと、少し時間をおくと綺麗に落とせます。

 

【重曹クリームの作り方】
重曹に水とボディソープ(1〜2プッシュ)を入れ混ぜるだけ。

 

重曹がなければ、お風呂用の中性洗剤を使えばOK。

 

 

お風呂の扉についた白い水垢の取り方

それではさっそく、お風呂の扉についた「白い水垢」の取り方を解説します!

 

キッチンペーパーに酢を含ませ「酢湿布」を作る

ペーパーをカット

 

まず汚れをゆるめるための「酢湿布」を作ります。

 

キッチンペーパーを適度な大きさにカット。

 

 

酢湿布づくり

 

キッチンペーパーに酢を原液のまま含ませます。

 

 

お風呂の扉につける酢湿布

 

酢のニオイが気になる方は2倍くらいの水で薄めてもOK。

 

個人的な感想ですが、「原液の方が効果がある」気がしています^^

 

 

お風呂の扉についた白い水垢の部分に「酢湿布」を貼り付ける

お風呂の扉に酢湿布する

 

お風呂の扉についた白い汚れの箇所に、ペタペタと「酢湿布」を貼り付けます。

 

 

お風呂の扉に酢湿布しラップで覆う

 

乾燥しやすいので、上からラップで覆うとGOOD!

 

 

お風呂の扉に酢湿布し霧吹きする

 

または、スプレーボトルに酢を入れて、乾燥しないように「様子を見ながら霧吹き」してもOK!

 

 

1時間ほど放置する

お風呂の扉に酢湿布する

 

酢シップをしたら、1時間ほど時間をおきます。

 

1時間後こすってみて、白い汚れが落ちないようなら時間延長。頑固な場合6時間ほどかかることもあるので、あきらめず時間をおいてみてくださいね。

 

 

擦って白い水垢を落とす

お風呂の扉についた水垢をブラシで落とす

 

酢シップして汚れがゆるんだら、ブラシやスポンジで汚れを擦り落とし、水で丁寧に流します。

 

 

ちなみに、石のように固まったガリガリした汚れは、定規などでこそぐと落ちやすいです。

 

その場合は、傷をつけないように、やさしく扱いましょう。

 

【3STEP】
湿布する→時間をおく→擦り落とす。

 

お掃除終了です!

 

 

 

お風呂の扉についた白い水垢をとる!ビフォーアフター

ビフォーアフターはこうなりました。

 

ビフォーアフター@

お風呂の扉についた水垢

 

白くザラザラした汚れが

 

お風呂の扉についた水垢が綺麗に

 

つるんと落ちてピカピカに♪

 

 

ビフォーアフターA

お風呂の扉についた水垢

 

白い水玉模様も

 

お風呂の扉についた水垢がすっきり

 

すっきり除去できました♪

 

 

なぜ酢で水垢が落ちるのか?

酢とペーパー

 

ところで、なぜ酢で落とせるのか不思議ですよね。実はこれは「化学反応」によるものなんですよ。

 

「酢に含まれるは、水垢に含まれる成分を分解する。」

 

分かりやすくいうと、「分解」により水垢が柔らかくなり剥がれやすくなる!というわけです。

 

汚れを落としたいときは、酢をしっかり浸透させることがポイントになりますね。

まとめ

お風呂の扉についた白い汚れは水垢。水道水に含まれる成分が石のように固まったもの。

 

水垢汚れは「酢」を使って落とすことができる。

 

【酢を使った落とし方】

  1. 酢シップする
  2. 時間をおき柔らかくする
  3. 擦り落とす

 

時間をおき酢を浸透させることが、水垢除去のポイント。

 

酢は、塩素系の洗剤と混ぜないこと。

 

 

最後に

お風呂の扉についた水垢がすっきり

 

お風呂の扉についた「白い水垢」の取り方をご紹介しました。

 

お家にある調味料で、簡単にお掃除できるので嬉しいですね。

 

あきらめかけていた汚れに「酢シップ」、ぜひ挑戦してみてください♪

 

 

マリーゴールド

 

 

あなたのお風呂も、すっきり綺麗になりますように^^

 

 

 

<おすすめ記事>
お風呂の鏡・白いウロコがごっそり!買ってよかったお掃除アイテム

 

 

【お風呂の掃除】床や浴槽まわりの汚れを落とす方法!重曹で湯垢もスッキリ♪

 

 

 

お風呂の窓枠についたカビや白い汚れを取る方法・時間をかけず簡単に済ませるコツ!

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加