ストッキングで隙間掃除をする方法!カビ・ダニ・ゴキの対策に!

隙間の掃除、ついつい後回しにしちゃうよねぇ(汗)

 

 

壁と棚の隙間、TVボードの裏、冷蔵庫や洗濯機の下etc.

 

掃除機が入らない場所は、ホコリもたまりやすいです。

 

ホコリは、ダニやゴキブリを招くだけでなく、カビ菌などの温床にもなります。

 

だから放っておくと病気を発症するリスクがあり、キケンなのだそう。

 

 

季節の変わり目など、定期的にお掃除をするのがおススメですよ。

 

 

特に春先!カビダニが繁殖しないよう、遅くとも梅雨入り前には、ホコリを除去しておきましょう!
この記事では、隙間掃除の方法をサクッとご紹介します^^

 

 

隙間掃除に使う道具

ストッキングとハンガー

 

  • ワイヤーハンガー
  • 古ストッキング
  • 古靴下などの布もの

 

 

1pの隙間掃除をする場合

ストッキングを切る
ストッキングを切る。

 

ストッキングハンガー

 

伸ばしたハンガーにセットし、隙間に入れてホコリをかき出す。

 

ストッキングハンガー

 

デスク横だと、フセンなどのゴミもでてきます。
収穫した気分♪ゴミだけどテンション上がり嬉しい(笑)

 

大事な書類が紛失したら、隙間に落ちている可能性あり!ハンガーチェックしてみましょう^^

 

 

3センチの隙間を掃除する場合

洗濯機下などに入り込んだホコリや塵を取るには、もう少し厚みが欲しいですよね!

 

 

そんな時は、古靴下など布ものを中にINするとお掃除しやすくなります。

 

ストッキングハンガー
ハンガーに古靴下とストッキングを被せる。

 

ストッキングハンガー
洗濯機下など隙間に入れてホコリやゴミをかき出せばOK!隙間にフィットするので、くまなくお掃除できます♪

 

ストッキングハンガー
ボード裏のクモの巣だって、ホコリと一緒にささっと除去♪

 

 

ストッキングハンガーお気に入りの理由

気に入っている理由は、何と言ってもポイ捨てできること!後始末が面倒でないから、掃除の気力も湧きやすいです。

 

 

ストッキングハンガー
くるんと外してゴミ箱へポイ♪
洗う手間なし!手を汚さずに楽にできるのが嬉しいですね。

 

 

掃除に使ったハンガーはどうするの?

いったん伸ばすと、戻しても歪な形になりますよね。伸ばしたまま掃除道具にしてしまうといいですよ。

 

ハンガー収納場所
私は洗濯機コーナーの棚扉に吊るし、ホコリだけでなく、物を引き寄せる道具として使っています!

 

 

ハンガー
洗濯機の裏側に落ちてしまったハンガーや洗濯物をひょいっと取ったり。

 

ハンガー
高いところのものを引き寄せたり♪

 

お掃除ハンガーは、手が届かなくて困った時の救世主!1本常備しておくとかなり便利なので、おススメです。

 

 

まとめ

・ホコリにはカビ・ダニ・ゴキブリが!
・ホコリは病気の起因になり危険。
・繁殖しないよう梅雨入り前にホコリを除去しよう。
・隙間掃除にストッキングハンガーが便利。
・1pの隙間:ハンガーとストッキングでOK。
・3pの隙間:古靴下も加えるとホコリも取りやすい。
・掃除以外にも、モノを引き寄せる道具として活躍。

 

 

以上、ストッキングハンガーでのお掃除方法についてでした。

 

ハンガー

 

ホコリを除去すると、部屋の空気もクリアになった気分♪とっても気持ちがいいものです^^
ハンガーでの隙間掃除、試してみてくださいね。

 

 

 

【おすすめ記事】
お風呂の鏡・白いウロコがごっそり!買ってよかったお掃除アイテム

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加