「トイレのノズル周り」をリセット掃除!おすすめ洗浄剤と汚れの取り方を詳しく解説

ノズルやその周りの汚れを取りたい!
どんな風にお掃除するのだろう。

 

そんな疑問を解決します!

 

 

見えないノズル

 

 

トイレのノズル。

 

使っていない時は、収納庫に。
使っている時は、お尻の下に。

 

見えないから、ついついお掃除を忘れがちになりますよね。

 

 

自動で洗浄していても、汚れは完全に落ちていません。

 

 

特にノズル周りは汚れが付きやすく、ジメジメした環境。時間の経過とともに、菌は確実に増殖していきます。

 

 

病気になる恐れもあるから、定期的にお掃除をして綺麗を保ちましょう。

 

 

***

 

 

この記事では、トイレ・ノズル周りの掃除についてご紹介します。

 

【書いている内容】

  • ノズルやその周りの掃除方法
  • おススメ洗剤

 

汚れをリセットしたい方におススメの内容です。

 

サクッと読みたい方は目次から飛んでくださいね。

 

ノズルの掃除方法

それではさっそく、ノズルの掃除方法から解説します。

 

ここでは、クエン酸水を使ってお掃除します。

 

ノズルの引き出し方・ノズルお掃除ボタンを押す

ノズル洗浄ボタン

 

ノズルの引き出し方は簡単です。

 

最近のウォシュレットには、パネルにノズルのお掃除ボタンがあります。これを押すとノズルが出てきます。

 

ボタンが無い場合は、優しく手前にひっぱる感じで、手動で引き出しましょう。

 

※詳細は取説でご確認ください。

 

ノズルを優しく拭く

ノズルをふく

 

やわらかい布やお掃除シート、トイレットペーパーなどに、洗剤をつけて拭きます。

 

※破損や故障の原因になるので、ムリに引っ張ったり、押さえたりしないようにしましょう。

 

(自動洗浄機能がない場合は、仕上げに水拭きを)

 

 

ノズルを歯ブラシでこする

 

拭いても落ちない汚れは、歯ブラシで優しく擦ります。

 

※傷がつかないよう、擦り過ぎに気を付けてください。

 

ノズルを戻したら、お掃除終了です。

 

【トイレットペーパーや歯ブラシの使用について】
トイレットペーパーや歯ブラシは、ノズルに傷をつけてしまう恐れがあります。メーカーは推奨していませんことをお知りおきください。

 

私は、リスクを承知の上、トイレットペーパーや歯ブラシを使っています。

 

トイレの寿命は、7年〜10数年。いずれ買い替えるのでいいかなぁという判断。掃除のしやすさを優先しています。

 

 

ノズルが引っ込む・水が出るなど掃除しにくい時の対処法

ノズルに専用スプレーをかける

 

  • ノズルを出しても引っ込んでしまう
  • ノズルを出すと水が出る

 

引っ込んだら掃除できないし、水がでていれば洗剤が流れるし、、、

 

そんな時は、ノズルを出した状態で電源をOFFにする(コンセントを抜く)といいですよ。

 

出たままキープするので、お掃除しやすくなります。

 

(機種によって異なるかもしれません)

 

 

ノズル周りの掃除方法

次は、ノズル周りの掃除方法を解説します。

 

ノズル周りは、尿の飛びはねがつきやすい箇所です。

 

こまめに掃除をしていれば、拭くだけで落ちますが、放置すると頑固汚れになってしまいます。

 

拭いても落ちない黄ばみは、クエン酸水を湿布してゆるめて取りましょう。

 

ノズル周り湿布の仕方

トイレットペーパーをはりつける

 

何重かに巻いたトイレットペーパーに、クエン酸水をたっぷりふきつけます。

 

 

トイレットペーパーをはりつける

 

ノズル周辺にペタっとはり、30分〜1時間ほど湿布します。

 

便座を着脱できる場合は、外してからお掃除しましょう。外し方は取説をご確認ください。

 

汚れがゆるんだら、歯ブラシでこする

ノズル周りを歯ブラシでこする

 

汚れがゆるんだら、歯ブラシで優しく擦ります。

 

 

ノズル周りを歯ブラシでこする

 

歯ブラシに水をつけながらお掃除すると、やりやすいですよ。

 

(※ノズル周りには精密機器があります。水をかけないようにしましょう。)

 

 

仕上げに拭き掃除

ノズル周りをふく

 

汚れを落としたら、仕上げに拭き掃除。やわらかい布やお掃除シートで、しっかり水拭きをします。

 

お掃除終了です。

 

ノズルは、月に1回。
ノズル周りは、1〜2週間に1回を目安にお掃除しましょう。

 

 

トイレ・年に1〜2回は念入り掃除をしたい2つの箇所

ノズル周りで、年に1〜2回は「念入り掃除」をしておきたい2つの箇所があります。

 

  1. 脱臭フィルター
  2. トイレ本体と便座の接合部分

 

トイレ・年に1〜2回掃除したい箇所@脱臭フィルター

トイレの脱臭フィルター

 

脱臭フィルターが汚れていると、脱臭機能が低下します。においが気になる時など定期的にお手入れしましょう。

 

(設置場所や外し方は取説でご確認を)

 

うちの場合は、ノズル横にあり。手前のつまみを押し下げひっぱると取れます。

 

 

トイレの脱臭フィルターは歯ブラシで掃除する

 

歯ブラシを使って汚れを落とし、水気を取ってから戻します。

 

 

トイレ・年に1〜2回掃除したい箇所Aトイレ本体と便座の接合部分

トイレ本体と便座の接合部分

 

2つ目の箇所は、トイレ本体と便座の接合部分です。尿が入りやすく、ここが汚れていると悪臭の原因になります。

 

着脱できる場合は、外して掃除をしましょう。外し方は取説をご参照ください。

 

うちのトイレは着脱できないタイプ。
試行錯誤の末、細い布で汚れをかき出す作戦でお掃除しています。

 

【細い布の作り方】

布を裂く

 

細く裂きます。

 

細い布

 

濡らして使います。
(古肌着がおススメ。やわらかく、汚れを吸着しやすいので扱いやすいです。)

 

 

【掃除の仕方】

細い布で便座と便器の接合部分を掃除

 

歯間ブラシをするイメージ。左右にずらしながら、溝にはいった汚れをかき出します。

 

 

トイレ本体と便座の接合部分のパッキン
(取説より)

 

着脱できないトイレの場合、溝には「尿侵入防止用のゴムパッキン」が入っています。

 

パッキンが取れないように、気をつけて作業してくださいね。

 

以上、ノズルやその周りの汚れの取り方についてでした。

 

ここから下は、後片付けが楽になるアイテムや、洗剤についてご紹介します。

 

 

 

トイレ掃除・片付けやすい掃除アイテム

使い捨て手袋やハギレ

 

トイレ掃除をスムーズにするには、「後片付けを楽にする」ことが大事です。

 

お掃除の後に、ゴム手袋や雑巾を洗うのはちょっと手間ですよね。

 

そのまま捨てれる手袋や布(シート)など」なら、洗う手間が省けるので、後片付けがぐんと楽になります。

 

 

【後片付けが楽になるアイテム】

  • 使い捨ての手袋(100均商品)
  • ハギレ(やわらかい布)・掃除用シート・トイレットペーパー

トイレに常設し、取りやすくしておきましょう。

 

 

ノズルやその周りの掃除・どんな洗浄クリーナーを使う?

ノズル周りの掃除は、「基本は水拭き」です。しかし汚れがひどくなると、洗剤の力が必要になります。

 

ノズル周りの掃除に使う「洗浄クリーナー」には、次のようなものがあります。

 

【ノズル周りの掃除に使う洗剤】

  • クエン酸水
  • まめピカ
  • ノズル専用スプレー
  • 薄めた台所洗剤(中性)

 

一番のおススメはクエン酸水

 

日々の小掃除にも使えるし、頑固な黄ばみも薄くできます。トイレ掃除に「あると便利な洗剤」です。

 

トイレの黄ばみ取りには「クエン酸水」


(商品は一例です)

 

クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1)は、黄ばみなど水垢汚れを落としたい時におススメ。

 

トイレットペーパーにつければ、お掃除シートのかわりになります。除菌効果もある万能洗剤。

 

精油を入れると、お掃除しながら香りを楽しめますよ♪

 

※塩素系と混ぜると塩素ガスが発生して危険です。混ぜないようにしましょう。

 

あとの3つは、軽度の汚れに効き目があります。

 

掃除シートより割安な「まめピカ」

 

まめぴかも、トイレットペーパーにつけてお掃除シートの代わりに使えます。お掃除シートが割高だと感じる方におススメです。

 

泡タイプの洗浄剤で、トイレットペーパーが、ボロボロにならない成分入り。便座も便器もまるごとお掃除できて、そのままトイレに捨てれます。爽やかな香りがGOOD。

 

 

泡で楽に掃除できる「ノズル専用スプレー」


(商品は一例です)

 

専用の泡スプレーは、手を汚さずに掃除をしたい方におススメ。泡をふきつけて消えるまで数分放置するだけ。手で拭く手間がありません。

 

軽度の汚れに効き目あり。小掃除向きです。

 

軽い汚れなら「台所洗剤(中性)」


(商品は一例です)

 

薄めた台所洗剤(中性)は、メーカーが推奨しているクリーナーです。

 

中性洗剤は、アルカリや酸性の洗剤と違い素材にやさしいのが特徴。軽い汚れなら中性洗剤でも落とせます。

 

使いやすさは人それぞれ。
自分に合った洗剤なら、掃除を続けやすいですね。

まとめ

●ノズルやノズル周りは、汚れが付きやすい場所です。定期的にお掃除しましょう。

 

【ノズル・お手入れの方法】

  • やらかい布やシート、トイレットペーパーに洗剤をつける。
  • ノズルをやさしく拭く。

 

※トイレットペーパーで拭くと傷をつけてしまう恐れあり。ご承知の上、お使いください。

 

【ノズル周りお手入れの方法】

  • 洗剤を含ませた布やペーパーで湿布。
  • 歯ブラシなどで優しく擦る。
  • 仕上げぶきをする。

 

【脱臭フィルターのお手入れ方法】
外して、歯ブラシで汚れを落とす。

 

【接合部分のお手入れ方法】

  • 着脱式の場合は、外して汚れを拭き取る。
  • 着脱式でない場合は、細長い布などでかき出すように拭く。

 

 

最後に

ノズルがキレイだと、気持ちが良いですね。

 

リセット掃除をして、トイレも心もすっきりしましょう。

 

 

青空

 

 

あなたのトイレも綺麗になりますように^^

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

トイレの記事、他にも書いています。
↓↓↓
<おすすめトイレ関連
【トイレ掃除】便座のウラについた黄ばみの取り方!ゴム部分や溝汚れの除去方法を詳しく解説!

 

 

【トイレ掃除】便器のフチについた黄ばみの落とし方・サンポール(洗剤)を浸透させるコツ

 

 

トイレの手洗い場についた茶色い汚れの取り方・水垢や黒ずみをスッキリ落とす掃除術

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。更新の励みになります^^ありがとう。
このエントリーをはてなブックマークに追加