便器の奥についた茶色い汚れを取る方法・100均重曹でトイレをリセット掃除!

便器の奥についた茶色い汚れ。
どうやって落とすの?

 

そんな悩みを解決します!

 

 

***

 

 

便器の奥は、見えにくくブラシも届きにくい場所。

 

ノズルやフチのお掃除中に、「茶色い汚れ」に初めて気づいた!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

便器の茶色い汚れのイメージ

 

穴周りについた茶色い汚れは、水垢にホコリやカビなどが混ざり合ってできたもの。こびりつくと擦ったぐらいでは落ちません。

 

 

落としてスッキリしたい!そんな時には、重曹がおススメです。

 

重曹なら、穴の奥の方に付いた茶色い汚れをペロンと剥がすことができますよ。

 

 

***

 

 

この記事では、「便器の奥についた茶色い汚れの取り方」をご紹介します。

 

【内容】

  • 重曹での剥がし方
  • 重曹を2度活用する方法

 

 

サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目に飛んでください。

 

 

便器の汚れを取る洗剤・用意するもの

ダイソーの重曹

 

・重曹1〜1.5カップ

 

重曹は薬局やスーパー、100均などで買えます。

 

写真の商品は、ダイソーのもの。
スーパーなら数弱円ですが、ダイソーやセリアなら100円。惜しみなく使えるのが嬉しいですね。

 

1袋350gの商品には、1.5カップの重曹が入っています。

 

ダイソーの重曹

 

350g入りなら、1袋程度。
500g入りなら、半分くらいを目安に使いましょう。

 

 

便器奥の茶色い汚れの取り方

それではさっそく、便器の奥の茶色い汚れの取り方を解説します。

 

【掃除の流れ】

  1. 重曹を1〜1.5カップ入れる。
  2. ひと晩(8時間程度)つけおく。
  3. ブラシでこする。

 

流れにそって詳しく説明します。

 

@重曹を1〜1.5カップ入れる。

重曹を便器に入れる

 

重曹1〜1.5カップを便器に投入します。

 

 

便器に重曹とブラシを入れる

 

せっかくなので、便器内もついでにお掃除。

 

ブラシで重曹を混ぜつつ、フチも擦って綺麗にしましょう。

 

 

Aひと晩(8時間程度)つけおく。

便器に重曹とブラシを入れ漬け置きする

 

このまま、8時間放置します。

 

トイレが使えないと困ってしまうので、外出時や就寝前にセットするのがおススメです。

 

自分や家族がうっかり流してしまわないよう、電源をOFFにするのを忘れずに。

 

 

★POINT
ブラシもついでに漬け置きするとGOOD。

 

ブラシのお手入れって、ついつい忘れがちになりませんか?

 

重曹には減菌作用があります!漬けておけばブラシもキレイにできるので一石二鳥です。

 

 

Bブラシでこする。

便器をブラシでこする

 

8時間漬け置きしたら、便器の奥をブラシでこすります。

 

茶色い汚れが剥がれ落ちて、すっきり綺麗になりますよ。

 

 

***

 

 

頑固なこびりつきは、1回で除去するのは難しいです。何度か繰り返して、少しずつ剥がしていきましょう。

 

 

【何度試しても落ちない場合】
”水垢にホコリやカビなどが混ざり合ってできた汚れ”ではなく、重曹では落ちない別の汚れの可能性あり。

 

また、重曹は水に溶けにくい性質。
なので、水が冷たい冬は落ちにくく、暖かい時季の方が効果があがる?かもしれません。

 

(想像ですけどね^^)

 

 

便器に投入する前の「重曹活用アイデア」

消臭効果

 

重曹は、消臭効果もあります。トイレの消臭剤として使ってから、便器のお掃除に回すといいですよ。

 

2度活用できるので、かなりおススメです。

 

 

重曹を消臭として活用する方法

重曹を入れる容器

 

容器に重曹を1カップ強入れ、トイレ内に設置するだけ。

 

 

重曹を入れる容器は間口が広い方がGOOD

重曹は時々スプーンで混ぜる

 

重曹は、空気に触れる面が多いほど消臭効果があがります。

 

その為、牛乳瓶のように間口が狭いものよりも、お皿などのように間口が広い方がいいです。

 

私はカゴに布を敷いて、重曹を入れています^^

 

★消臭効果を持続させるコツ
ときどきスプーンで混ぜて、空気に触れる面を入れ替えましょう。

 

 

重曹に香りを足せば芳香剤にも♪

重曹にアロマを落として芳香剤に

 

アロマを落とせば、芳香剤としても活用できます。

 

オイルは、ミントやラベンダー、柑橘系などがおススメです。

 

 

***

 

 

消臭・芳香剤として役目を果たした後は、そのままトイレにドボン。

 

重曹は環境にやさしいので、安心して排水できるのがいいですね。

まとめ

便器の奥についた茶色い汚れは、重曹で剥がすことができる。

 

【便器奥の汚れの取り方】

  1. 重曹1〜1.5カップを便器に入れる。
  2. そのまま8時間放置。
  3. ブラシでこする。

※ついでにブラシも漬けておこう。減菌できるので一石二鳥です。

 

 

最後に

重曹を使った「便器奥の茶色い汚れの取り方」をご紹介しました。

 

いかがでしたか。

 

 

便器についた茶色い汚れ。
ペロンと剥がると、とても気持ちがいいですよ^^

 

 

手軽にできるので、ぜひお試しくださいね。

 

 

コスモス

 

 

あなたのトイレも、綺麗になりますように。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

<おすすめ記事>
【トイレ掃除】便器のフチについた黄ばみの落とし方・サンポール(洗剤)を浸透させるコツ

 

 

「トイレのノズル周り」リセット掃除の方法・おすすめ洗浄剤と汚れの取り方を詳しく解説

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。更新の励みになります^^ありがとう。
このエントリーをはてなブックマークに追加