スライサーの黄ばみや汚れの取り方【写真付きで詳しく解説!】

 

スライサーの黄ばみ、とれなくて困ったことはないですか?

 

スライサーって、毎日洗っていても、少しずつ黄ばんできますよね。
特に人参!調理するとあっという間に黄色くなってしまいます。

 

 

食器用洗剤で落ちないスライサーの黄ばみは、重曹を使うと簡単にリセットできますよ!

 

 

こんなに黄ばんでいても

黄ばんだスライサー

 

白くなったスライサー

 

すっきり綺麗に♪

 

 

ということで、この記事では、スライサーの黄ばみや汚れの取り方をサクッとご紹介します。

 

 

 

スライサーの黄ばみ・汚れの取り方

スライサーに重曹をふりかける

 

重曹をふりかけ、濡らしたスポンジや古歯ブラシでこする!
これだけです♪

 

 

半分擦った時の様子

半分だけ綺麗に

 

半分だけ擦って見比べると、違いがよく分かりますよね♪

 

 

全部擦った時の様子

全部綺麗に

 

全部擦ると、新品のような白さになりました♪

 

 

落ちない汚れはどうする?

重曹の粉で落ちないときは、沸騰させたお湯(重曹入り)に漬け込むと良いですよ。

 

 

重曹水は、熱を加えることでパワーUP!汚れ落としの効果があがるのです。

 

重曹水は沸騰させるのがポイント!ただお湯に溶かすだけより、威力は増す!

 

 

重曹パワーUPさせる方法・漬け込む手順

    1. 水に重曹を加え沸騰させる(水1リットル:重曹大さじ3くらい)
    2. 約70℃まで下げる(スライサーの耐熱温度に合わせる)
    3. スライサーをつけて1〜2時間放置
    4. 汚れがゆるんだらスポンジや古歯ブラシでこする

    重曹水(湯)を沸騰させるとアルカリ濃度が高くなります。そのため、液にふれると手荒れします。必ずゴム手袋をつけて作業しましょう。

     

    それでも落ちない黄ばみは?

    重曹で落ちない黄ばみは、劣化による変色の可能性があります。変色はどうにもできません。潔く撤退しましょう♪

     

     

    あきらめも肝心です^^

     

     

     

    以上、スライサーの黄ばみ・汚れの取り方についてでした。

まとめ

・スライサーの黄ばみは重曹で落とせる!
・頑固な黄ばみは、重曹入りのお湯につけこむ。
・漬け込むお湯は、一度沸騰させるのがポイント!
・沸騰させた重曹水(湯)にふれる時はゴム手袋をつけよう。
・劣化による変色は潔くあきらめよう。

 

 

最後に

リセットする方法を知っていると、気分的に安心できますよね。”いつでも綺麗にできる”というという気持ちから、心にゆとりが生まれてくるようです♪そして白くできたという成功体験は、自信にもつながると感じています。

 

 

スラ―サーリセット攻略。
家事スキル、1ランクUP!

 

 

気になる汚れがありましたら、ぜひ、重曹でお掃除してみてください。あなたのスライサーも綺麗になりますように♪