やかんの茶渋がペロンと剥がれた!十数年の汚れを取った洗剤とは?

 

 

この記事は、やかんについた”頑固な茶渋取りをしたときの、お掃除記録です♪

 

(やかんは、ステンレス製です)

 

 

**

 

 

ウーロン茶や麦茶をやかんで沸かすと、すぐ茶渋がつきますよね

 

十数年もの間、落とさずに使っていた”やかん”はこんな状態でした(汗)

 

やかんの茶渋

 

ここまできたら、もう擦っても落ちやしません(泣)

 

 

仕方ない。

 

 

あきらめていたところ、アルカリウォッシュ(セスキ)で取れると聞きました。

 

 

さっそく試してみたら、大成功♪

 


やかん

 

つるんと落ちて、ぴかぴかになりました。

 

茶渋をあきらめている方、その汚れ落とすことができますよ!

 

この記事では、茶渋取りにどうやって成功したのか、その術をご紹介します♪

 

 

茶渋落としに使った洗剤

 

アルカリウォッシュ(セスキ)

 

茶渋落としに使った洗剤は、アルカリウォッシュです。

 

別名セスキ炭酸ソーダともいいます。

 

薬局だけでなく、100均にも売ってますね^^

 

アルカリウォッシュは、アルミ製には使わないでね。変色の恐れがあります

 

 

茶渋の落とし方

茶渋の落とし方は簡単です。

 

【手順】

  • やかんに水を注ぎ、アルカリウォッシュ(セスキ)を大さじ3杯いれる。
  • 沸騰させる。
  • 冷めるまで、そのまま数時間おく。
  • スポンジで磨く。

 

これだけ^^

 

だけど注意が必要です!

 

水を入れすぎると、やかんの口からお湯が吹きこぼれます。危ないので、入れすぎないように気を付けてくださいね。

 

 

やかん

 

私は、やらかしました。
やかんの口からピューっとお湯鉄砲が(汗)

 

注意:水の入れすぎ厳禁。ふきこぼれてキケンです。

 

 

3間後の様子

焦げがはがれかけたやかんの中

 

漬け込み3時間後、中をのぞくと、少し剥げかけていました。お湯が熱かったので引き続き放置しました。

 

 

6時間後の様子

焦げがはがれているようす

 

6時間後にのぞくと、ペロンと剥がれていました!スポンジで軽く擦るだけで、あという間に茶渋が剥がれ落ちました。

 

 

こ、これはすごい!!

 

 

茶渋がとれたやかん

 

今まで影に隠れていた、底の焦げまであらわに!

 

 

茶こし

 

一緒につけおきしていた茶こし網もピカピカ。

 

 

輝くやかんの中

 

 

ただ沸かして、放っておいただけ♪
楽に綺麗になりました♪

 

茶渋、あきらめなくて良かったです。

重曹でも落とせる?

もしかして、重曹でも取れたかも?
そんな疑惑が浮かんでいます。

 

重曹は、セスキ(アルカリウォッシュ)と同じ、アルカリ性の洗剤。

 

セスキより威力が弱いとはいえ、沸騰させるとパワーアップする!十分、太刀打ちできるかもしれませんね。

 

 

また茶渋がついたら、重曹でも挑戦してみようと思います。その時はまた、お掃除レポ書きますね^^

 

 

 

まとめ

・ステンレス製のやかんの茶渋は、アルカリウォッシュ(セスキ)で取れる!
・粉を入れて沸かす時は、水の入れすぎに注意。
・沸かしたら、冷めるまで数時間放置。
・その後、スポンジで磨けばピカピカに。

 

 

ということで、やかんの茶渋の取り方でした。
この記事が、あなたのお役に立てると嬉しいです^^

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加