揚げ物した後の掃除や片付けを楽にする方法!油の飛びはねを防ぐ新聞活用術

揚げ物をすると、コンロ周りがギトギトして後片付けが大変。

 

もっと楽に出来る方法ってないのかな?

 

そんな疑問を解決します!

 

 

***

 

 

家で揚げ物をすると、そこら中が油まみれに。後の掃除のことを考えると、ちょっと面倒に感じてしまいますよね。

 

 

揚げ物シーン

 

 

そんな時に便利なのが、新聞紙。

 

新聞紙は吸水性抜群。飛び散った油を吸いとり、汚れを防いでくれます。

 

 

この記事では、”揚げ物した後の掃除や片付けを楽にする方法!油の飛びはねを防ぐ新聞活用術”についてご紹介します。

 

 

 

え?新聞とってない?

 

 

 

実は、うちも新聞を購読していません。義両親からもらっているんですよ。

 

そして、新聞がなくても大丈夫。紙袋や雑誌・プリント類でも代用できます♪新聞紙がない方にも役立つ内容なので、ぜひチェックしてくださいね。

 

 

サクッと読みたい方は、目次からどうぞ。

 

 

油の飛び散り対策に新聞紙

 

揚げ物をすると、油がぴんぴん飛んで、コンロ周りはあっという間に汚れてしまいます。

 

揚げ物時に油の飛び散り

 

隙間に入り込めば、ねっちょり汚れに。
床につけば、あたり一面油まみれに。しかも、油を踏んだ足であちこち行けば、他の部屋まで広げてしまうことにも。

 

 

そんな時に活躍するのが、新聞紙!

 

 

新聞紙を敷いておけば、油が飛んでもしっかりガード。コンロ周りや床に直接油が付かないので、拭き掃除がぐんと楽になります。

 

 

新聞紙の使い方

それでは、新聞紙の使い方を解説します。
新聞紙は、コンロ周りと床の2か所に使います。

 

使い方@コンロ周り・揚げ物トレーの下に敷く

コンロ周りを新聞で覆う

 

コンロ周りなど揚げ物トレーをおく場所に、新聞紙をセットします。

 

また、IHプレートと台の切り替え部分を覆えば、溝に入り込むのも防げます。

 

 

【注意】
ガスコンロの場合、近づけすぎには気をつけましょう。燃えると危険!

 

床に敷く

床に新聞紙を敷く

 

それから、床も覆います。
足元は、汚れても気づきにくい場所。

 

目には見えないけれど、床には結構油が飛んでいるんですよ。

 

新聞紙で覆っておけば、床の汚れを減らすことができます。

 

 

新聞紙なら揚げカスの後片付けも簡単

新聞紙の良いところは、油汚れを防ぐ他に、もうひとつあります。それは、後片づけが楽になること。

 

片付けの仕方

新聞を丸めて袋に

 

調理の後は、新聞紙を丸めるだけでOK。

 

揚げカスも一緒に包めば、新聞紙が油を吸うので、液ダレを防げます。

 

 

くるくる・ぽん♪
簡単・片付け♪

 

 

新聞紙なら、調理中にでたゴミごと包めるので、楽ちんです。

 

パン粉をつける時も、下に敷いておくといいですよ。くるくるぽん♪あっという間に片付きます。

 

 

フキンで仕上げぶき

コンロ周りの仕上げぶき

 

新聞紙をとったら、フキンでコンロ周りを水拭きします。

 

あたたかいうちに拭くのがコツ。水拭きでもお湯ぶきみたいになります。

 

 

ついてすぐなら、つるんと落ちる。

 

 

ささっと拭いて、リセットしましょう。

 

 

新聞紙がないときは

新聞が便利なのはわかるけど、そもそも新聞がない!

 

そんな方も多くいらっしゃるかと思います。

 

新聞紙がない時は、紙袋や雑誌・学校のプリント用紙などを代用したり、人からもらうといいですよ。

 

紙袋を使う

紙袋を開いて足元に敷く

 

紙袋は、ハサミで切って広げれば大きくなります。

 

 

雑誌やプリント類を使う

プリント類もマステでつないで足元に

 

小さな紙も、ところどころテープ止めすれば、大きくなる。手間ならバラまいてもOK。

 

 

紙類は、ついつい貯めがち。
捨てる前に活用すれば、家もすっきり片付きますね。

 

 

新聞を譲ってもらう

新聞の束

 

ちなみにわが家は、義両親からもらっています。

 

掃除用として、数か月に1回、10日分ほど。処分するものなので、相手に負担もかけません。

 

新聞を購読していない方は、人からもらうのもおススメですよ。新聞を処分するのは結構な重労働。快く譲ってくださるでしょう。

 

 

今や古新聞は、ネットで販売される時代。その優れた点を活かして、掃除にもっともっと活用していけたらいいなぁと思います。

まとめ

揚げ物時の油の飛び散りには、新聞紙を使うとGOOD!

 

【汚れを防止する方法】
油の飛び散りそうなところを、新聞紙ですっぽり覆うだけ。

 

油を吸収してくれるので、周りを汚さずにすみます。

 

【片付け方】
揚げカスも新聞紙に包み込み、袋に入れて処分。新聞紙が油を吸うので、液ダレの心配もなし。

 

 

くるくる・ぽん♪

 

簡単なのが最大のメリット。

 

新聞紙が無い場合は、紙袋やプリント類の代用も可。もしくは人から譲ってもらおう。

 

 

最後に

新聞紙を使い始めてから、揚げ物作業がぐんと楽になりました。

 

吸水性が高いので、ニオイ予防も期待できます。キッチンでの作業に、今では欠かせないアイテムです。

 

 

揚げ物シーン

 

 

唐揚げやカツ、家で作ると、美味しいですよね♪

 

揚げ物時には、ぜひ新聞紙を使ってみてください。

 

あなたの家仕事が、少しでも楽になりますように^^

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

<おすすめ記事>
コンロ横についた黒い塊が取れた!両親宅の頑固汚れとの戦い

 

 

鍋底の黒い焦げをペロンと剥がす!重曹を最強にするのが成功の秘訣

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加