ハサミの安全な捨て方!迷うものを処分して家をすっきり片づけよう!

ハサミの捨て方が分からない。
どうやってゴミに出したらいいのだろう?

 

そんな悩みを解決します!

 

 

***

捨てたいハサミ

 

 

ハサミは、先がとがって危険なことから、捨て方に迷いがちです。

 

方法が分からず引き出しに入れたままにしたり、外に置きっぱなしにしたり・・・etc.

 

ついつい捨てずに溜め込こんでしまいますよね。

 

 

けれど、使わない刃物を持っていることはかえって危険なこともあります。

 

けが防止のためにも、必要な数だけ残し、あとはすっきり処分しましょう。

 

 

***

 

 

この記事では、「ハサミの安全な捨て方」をご紹介します。

 

 

ハサミを捨てるのに使う道具

使う道具はこちらです。

 

ハサミを捨てるのに使う道具

  • 段ボールなどの厚紙や新聞紙
  • ガムテープ
  • マジック

 

ハサミなど刃がついていたり、先がとがっているものは、そのまま捨ててしまうのはNG。

 

ゴミ収集の方に怪我をさせないよう、「包んで処分する」のがルールです。

 

 

ハサミの捨てる準備・包み方

それではさっそく、捨てるための包み方を解説します。

 

ハサミの包み方

ハサミを厚紙で包む

 

刃を覆うことができる大きさに、段ボールなどの厚紙を切る。

 

 

ハサミを包んだ厚紙をテープでとめる

 

段ボールで包んだら、ガムテープでとめる。

 

 

ハサミを包む

 

スポッと抜けないよう、しっかりテープを貼り付けておくと安心です^^

 

 

ハサミを包んだ厚紙に危険と書く

 

キケン」と表記し、何が入っているのか分かるようにします。

 

内容物が分かりにくいときは、「ハサミ」など品名も書いておきましょう。

 

ハサミ

 

こんな感じでOK!

 

 

ハサミの分別・ゴミの出し方

私の地域では、「ハサミは不燃物(燃やせないゴミ)」として、収集所に出すことができます。

 

(和裁ばさみは例外。不燃性粗大ごみ扱いに。)

 

ゴミの出し方は、地域により異なります。確認の上、ルールに従うようにしましょう。

 

 

はさみ・ゴミ出しルールの確認方法

ルールの確認方法は簡単。
自分が住んでいる地域のゴミ出しの冊子役所のHP(ホームページ)をチェック。ハサミはどの家庭にもあるので、ほぼ記載ありです。

 

分からない場合は、あれこれ悩まずに「住んでいる地域の役所」に問い合わせるのがGOOD。直接聞けば、あっという間に解決できます。

まとめ

ハサミ

 

ハサミは刃を包んで処分する。
ゴミ収集の方がけがをしないように配慮すること。

 

【包み方】

  • 段ボールなどの厚紙や新聞紙で包みガムテープで止める。
  • 表に「キケン」と表記する。

 

【ゴミの出し方・分別】

  • 地域により異なるため、ゴミ出しルールを確認すること。
  • 私の地域では、燃やせないゴミとして出す。

(ただし和裁ばさみは、不燃物粗大ごみ扱い)

 

 

最後に

 

小さくても捨てずにためれば、そのうち大きく嵩張ってしまいます。

 

怪我の原因にもなるので、破損したハサミなどは早めに手放しましょう。

 

 

 

「手放せば、気持ちも軽くなる♪」

 

 

 

年末の大掃除、迷うものを片付けて、家も心もすっきりできると嬉しいですね。

 

 

たんぽぽ

 

 

あなたのお家も綺麗になりますように^^

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

<暮らし関連記事>
ボタン電池は重なると火災が起こる!?知っておきたい危険を回避する方法

 

 

小さくなった石鹸を万能クリーム洗剤に復活させる方法!おすすめ掃除活用術・5選

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加